電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-19 11:20
テンプレート公開型生体認証基盤における利便性の高い鍵更新に関する検討
加賀陽介藤尾正和長沼 健高橋健太日立BioX2016-15
抄録 (和) ネットワーク社会の拡大や行政サービスの電子化に伴い,個人認証の重要性が高まっている.個人認証基盤としては公開鍵基盤(PKI) が普及しているが,端末やセキュアデバイスで秘密鍵を管理する場合,利便性,可用性,安全性,コストの課題が発生する.これらを解決するため,生体情報を鍵として用いるテンプレート公開型生体認証基盤(PBI) が提案されている.本稿では,PBI を導入した場合でも,公開テンプレート証明書更新や公開鍵証明書更新を行う際に,利便性に関する課題が残されていることを明らかにする.この課題を解決するため,ネットワークを介した公開テンプレート証明書更新方式,及びバイオメトリック署名を用いた公開鍵証明書更新方式を提案する.最後に,提案方式の安全性を評価し,その有効性を確認する. 
(英) Network society and e-government services are advanced, and the importance of personal authentication infrastructure increases. The PKI based personal authentication infrastructure has some problems such as
convenience, availability, security and cost. To solve these problems, public biometrics infrastructure (PBI) whichuses biometric information as a personal key is proposed. In this article, we clarify other problems of the PBI in thecase of public template update and signature generation. To solve the other problems, we propose two methods.One is a public biometric certificate update method over the network. The other is a public key certificate updatemethod based on biometric signature. Finally, we evaluate the security of the proposed method, and validate the
effectiveness of the method.
キーワード (和) セキュリティ / 生体認証 / バイオメトリクス / PKI / 認証基盤 / PBI / 署名 / 鍵更新  
(英) security / biometrics / PKI / authentication intrastructure / PBI / signature / key update /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 182, BioX2016-15, pp. 45-50, 2016年8月.
資料番号 BioX2016-15 
発行日 2016-08-11 (BioX) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2016-15

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2016-08-18 - 2016-08-19 
開催地(和) 東北大学 片平さくらホール 2階会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) バイオメトリクス,一般 
テーマ(英) Biometrics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2016-08-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テンプレート公開型生体認証基盤における利便性の高い鍵更新に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Convenient Key Update for Public Biometrics Infrastructure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティ / security  
キーワード(2)(和/英) 生体認証 / biometrics  
キーワード(3)(和/英) バイオメトリクス / PKI  
キーワード(4)(和/英) PKI / authentication intrastructure  
キーワード(5)(和/英) 認証基盤 / PBI  
キーワード(6)(和/英) PBI / signature  
キーワード(7)(和/英) 署名 / key update  
キーワード(8)(和/英) 鍵更新 /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加賀 陽介 / Yosuke Kaga / カガ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤尾 正和 / Masakazu Fujio / フジオ マサカズ
第2著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長沼 健 / Ken Naganuma / ナガヌマ ケン
第3著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 健太 / Kenta Takahashi / タカハシ ケンタ
第4著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-19 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2016-15 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.182 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2016-08-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会