お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-10 10:00
ウエーブレット解析を用いた分娩監視装置からの胎児心音のノイズ除去実験について
荒木睦大森 幹男浅井竜哉玉村千代高橋 望西島浩二吉田好雄福井大
抄録 (和) 胎児の健康状態を詳細に検診するために、分娩監視装置から出力される超音波ドプラ心音を用いて, 胎児心音の瞬時心拍数(心電図のRR時間に相当)の細変動を解析する技術が期待されている.この技術を確立するために,は 心電図法による計測と同程度のRR時間の精度が必要になってくる. しかし, 現状では胎児の超音波ドプラ心音には,胎児の心音以外に, いくつかのノイズが含まれるために, 正確なRR時間を得ることが困難になっている. 本研究ではこの問題を解決するため第一ステップとして, 離散ウエーブレット変換による多重解像度解析(multiresolution analysis)を用いて, 胎児心音のノイズ除去方法の有効性を評価する実験を行い、 (1)解像レベルの深さ、(2)マザーウエーブレットの種類、(3)ノイズ除去前と後のスペクトルの違い等について考察する. 
(英) The technique of analyzing Fetal Heart Rate (FHR) variability has been known to be effective to diagnose the fetal health condition in detail. In order to analyze the FHR variability, it is necessary to develop the method of measuring accurately the FHR, which corresponds to RR-interval in case of ECG, using fetal heart sounds. In this paper, the experimental results of the denoizing the fetal heart sounds obtained by ultrasound cardiograph, using multiresolution analysis method of discrete wavelet transformation, are described, and the effectiveness of the several points which are (1) the level of multiresolution analysis, (2) the sort of mother wavelets, and (3) the change of spectrum by denoizing process, are discussed.
キーワード (和) 分娩監視装置 / 超音波ドプラ心音 / 胎児心音 / ノイズ除去, / ウエーブレット変換 / 多重解像度解析 / /  
(英) Ultrasound Cardiograph / Fetal Heart Sound / Fetal Heart Rate (FHR), / Discrete Wavelet Transformation / Denoizing Analysis / multiresolution analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 179, EA2016-25, pp. 31-36, 2016年8月.
資料番号  
発行日 2016-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2016-08-09 - 2016-08-10 
開催地(和) 東北学院大学 多賀城キャンパス 
開催地(英) Tohoku Gakuin Univ., Tagajo Campus 
テーマ(和) 超臨場感音響,応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Ultra-Realistic Acoustics, Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASJ-H 
会議コード 2016-08-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウエーブレット解析を用いた分娩監視装置からの胎児心音のノイズ除去実験について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Methods to Denoize the Fetal Heart Doppler Sound Obtained by Ultrasound Cardiograph Using Wavelet Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分娩監視装置 / Ultrasound Cardiograph  
キーワード(2)(和/英) 超音波ドプラ心音 / Fetal Heart Sound  
キーワード(3)(和/英) 胎児心音 / Fetal Heart Rate (FHR),  
キーワード(4)(和/英) ノイズ除去, / Discrete Wavelet Transformation  
キーワード(5)(和/英) ウエーブレット変換 / Denoizing Analysis  
キーワード(6)(和/英) 多重解像度解析 / multiresolution analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 睦大 / Chikahiro Araki / アラキ チカヒロ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 幹男 / Mikio Mori / モリ ミキオ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: niv. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 竜哉 / Tatsuya Asai / アサイ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: niv. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉村 千代 / Chiyo Tamamura / タマムラ チヨ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: niv. of Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 望 / Nozomu Takahashi / タカハシ ノゾム
第5著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: niv. of Fukui)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 西島 浩二 / Kouji Nishijima / ニシジマ コウジ
第6著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: niv. of Fukui)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 好雄 / Yoshio Yoshida / ヨシダ ヨシオ
第7著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: niv. of Fukui)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-10 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ASJ-H 
資料番号 IEICE-EA2016-25 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.179 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会