お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-08 09:30
Failure遷移を用いたハッシュ型複数ストリーム複数文字列探索手法の提案
西村公佑西 宏章慶大CPSY2016-10
抄録 (和) 近年ネットワークを介した攻撃による脅威が高まっている.しかし,従来の手法ではこれらの攻撃を防ぐセキュリティレベルはエンドホストのユーザの裁量に依存する.そこで,パケットを中継する機器であるルータに着目し,ルータ上でパケット解析を行うことにより,エンドホストの環境に依らない侵入検知システムを構築することが対抗手段の一つとなりうる.本論文では,その先駆けとして高速化を目的としたAho-Corasick法にFailure遷移を組み合わせた文字列探索手法の提案を行う. 
(英) Recently, the threat of attacks over the network is increasing. However, the security level depends on end-host users. Therefore, we focus on routers that relay packets on network. It is possible to build an intrusion detection system that doesn't depend on the environment of the end-host on routers. In this study, packets are analyzed on the router, to build an intrusion detection system that does not depend on the environment of the end host. In this paper, we propose a string matching algorithm combining the hash with failure transition for the purpose of high-performance.
キーワード (和) ネットワークセキュリティ / 文字列探索 / 高速化 / ハッシュテーブル / パケット解析 / / /  
(英) network security / string matching / high-performance / hash-table / packet analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 177, CPSY2016-10, pp. 1-6, 2016年8月.
資料番号 CPSY2016-10 
発行日 2016-08-01 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2016-10

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-ARC  
開催期間 2016-08-08 - 2016-08-10 
開催地(和) キッセイ文化ホール(松本) 
開催地(英) Kissei-Bunka-Hall (Matsumoto) 
テーマ(和) 並列/分散/協調とディペンダブルコンピューティングおよび一般 
テーマ(英) Parallel, Distributed and Cooperative Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2016-08-CPSY-DC-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Failure遷移を用いたハッシュ型複数ストリーム複数文字列探索手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of hash-based string matching algorithm for multiple-stream multiple-query using failure transition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークセキュリティ / network security  
キーワード(2)(和/英) 文字列探索 / string matching  
キーワード(3)(和/英) 高速化 / high-performance  
キーワード(4)(和/英) ハッシュテーブル / hash-table  
キーワード(5)(和/英) パケット解析 / packet analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 公佑 / Kosuke Nishimura / ニシムラ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 宏章 / Hiroaki Nishi / ニシ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-08 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.177 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2016-08-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会