お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-02 09:50
[奨励講演]長遅延を含む無線LANのメディアアクセス制御 ~ 既存無線LAN混在環境におけるスループット・公平性の改善 ~
船引魁人西尾理志守倉正博京大)・村山大輔中平勝也NTTMoNA2016-16
抄録 (和) 長距離無線LANやRoF(Radio over Fiber)技術を用いた無線LAN(RoF WLAN)など長距離伝送区間を持つ無線LANシステムでは,長距離伝送区間での伝搬遅延が大きく,従来の通信手順ではフレーム衝突率が増加する.さらに,既存無線LANとの混在環境においては長遅延の影響によりフレーム衝突が多発し,双方のスループットが劣化する.我々はこの問題解決のため,RoF WLANのAccess point向けのアクセス方式であるATRAS(Advanced Transmission for RoF WLAN System)方式を提案し,RoF WLANのスループットを補償できることを示してきた.本稿では,ATRAS方式についてまとめ,スループットの理論モデルと無線LAN間の公平性を実現するATRAS方式の適応的制御について述べる.適応制御を用いたATRAS方式は既存方式に比べ,双方の無線LANシステムスループットを向上させ,公平性を大幅に改善できることを計算機シミュレーションにより示す, 
(英) In the radio over fiber (RoF) wireless local area networks (WLANs), there are long propagation delay between access points (APs) and stations (STAs).The delay increases frame collisions and decreases throughput of RoF WLANs employing the conventional CSMA/CA protocol.In particular, when a legacy WLAN coexists with the RoF WLAN, the delay causes serious throughput degradation and unfairness between RoF WLANs and legacy WLANs.To solve these problems, we proposed a MAC scheme for RoF WLANs coexisting with legacy WLANs, where an RoF AP transmits its frame in advance in consideration of delay so that the frame achieves STAs a SIFS period after ACK transmission. To adjust transmission frequency adaptively enables a RoF WLAN and a conventional WLAN to share wireless channel fairly.Simulation results show that the proposed scheme increases the TCP throughput in RoF WLANs to the same level as conventional WLANs.
キーワード (和) 長距離無線LAN / radio-over-fiber / 伝搬遅延 / 共存 / / / /  
(英) long distance WLAN / radio-over-fiber / propagation delay / coexistence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 171, MoNA2016-16, pp. 47-52, 2016年8月.
資料番号 MoNA2016-16 
発行日 2016-07-25 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2016-16

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2016-08-01 - 2016-08-02 
開催地(和) 瀧川記念学術交流会館(神戸大学) 
開催地(英) Takigawa Memorial Hall (Kobe University) 
テーマ(和) モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,モバイルマルチメディア,モバイルデータ活用,モバイルプライバシおよび一般 
テーマ(英) Mobile Networks, Mobile Applications, Mobile Multimedia, Mobile Data Utilization, Mobile Privacy, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2016-08-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 長遅延を含む無線LANのメディアアクセス制御 
サブタイトル(和) 既存無線LAN混在環境におけるスループット・公平性の改善 
タイトル(英) Medium Access Control Scheme for WLAN with Long Propagation Delay 
サブタイトル(英) Throughput and Fairness Improvement in Coexisting Environment 
キーワード(1)(和/英) 長距離無線LAN / long distance WLAN  
キーワード(2)(和/英) radio-over-fiber / radio-over-fiber  
キーワード(3)(和/英) 伝搬遅延 / propagation delay  
キーワード(4)(和/英) 共存 / coexistence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 船引 魁人 / Kaito Funabiki / フナビキ カイト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 理志 / Takayuki Nishio / ニシオ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 大輔 / Daisuke Murayama / ムラヤマ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中平 勝也 / Katsuya Nakahira / ナカヒラ カツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-02 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-16 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2016-07-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会