お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-02 09:45
[招待講演]AI時代に向けたCMOSアナログ集積回路技術
松岡俊匡阪大SDM2016-55 ICD2016-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:SDM2016-55 ICD2016-23
抄録 (和) 本発表では,デジタル支援アナログ回路技術を基盤として,
AI時代に向けて,遺伝的アルゴリズムによる無線送信ICの特性向上手法や
機械学習を取り入れたA/D変換器の誤差補正などの研究事例を紹介する. 
(英) Some techniques for improvement of a RF transmitter IC with genetic algorithm, error correction of
an A/D converter with machine learning and so on are described,
which are based on digital-assisted analog circuit
technologies toward AI era.
キーワード (和) デジタル支援アナログ回路技術 / RF-CMOS / 誤差補正 / 遺伝的アルゴリズム / 機械学習 / / /  
(英) digital-assisted analog circuit technique / RF-CMOS / error correction / genetic algorithm / machine learning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 173, ICD2016-23, pp. 59-61, 2016年8月.
資料番号 ICD2016-23 
発行日 2016-07-25 (SDM, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SDM2016-55 ICD2016-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:SDM2016-55 ICD2016-23

研究会情報
研究会 ICD SDM ITE-IST  
開催期間 2016-08-01 - 2016-08-03 
開催地(和) 中央電気倶楽部 
開催地(英) Central Electric Club 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路、低電圧/低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface, Low voltage/low power techniques, novel devices, circuits, and applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-08-ICD-SDM-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AI時代に向けたCMOSアナログ集積回路技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) CMOS Analog IC Technologies Toward AI Era 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタル支援アナログ回路技術 / digital-assisted analog circuit technique  
キーワード(2)(和/英) RF-CMOS / RF-CMOS  
キーワード(3)(和/英) 誤差補正 / error correction  
キーワード(4)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / genetic algorithm  
キーワード(5)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 俊匡 / Toshimasa Matsuoka / マツオカ トシマサ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-02 09:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-SDM2016-55,IEICE-ICD2016-23 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.172(SDM), no.173(ICD) 
ページ範囲 pp.59-61 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-SDM-2016-07-25,IEICE-ICD-2016-07-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会