お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-01 10:55
遮蔽環境におけるミリ波無線LANスループットのモデル化と基地局配置最適化
江上晃弘西尾理志守倉正博京大)・村山大輔中平勝也NTTMoNA2016-7
抄録 (和) 広帯域が利用可能なミリ波帯域を用いた無線LANの研究開発が盛んになされている.ミリ波無線LANは高速だが通信範囲が狭いため、カバレッジを確保するには複数のミリ波基地局を設置する必要がある.しかし,ミリ波無線LANの普及段階では,コスト面などからミリ波基地局の数が限られることが想定される.限られた数のミリ波基地局を配置する際には単純にユーザ密度が高い場所に配置することが考えられる.しかし,ミリ波無線LANでは見通し通信路が歩行者などに遮られると信号強度の減衰が大きく,また,ユーザ数が増加すると制御フレーム交換によるオーバヘッドも増加する.そのため,ユーザ密度の高い場所にミリ波基地局を配置するとスループットの低下が懸念される.本稿では,ミリ波基地局の最適な配置を検討し,そのためにユーザ密度やトラヒックからスループットの期待値をモデル化する.スループットの期待値の合計を最大化する配置方式について検討し,接続ユーザ数を最大化する配置方式と比べて合計のシステムスループットが向上することを示す. 
(英) Millimeter-wave (mmWave) based wireless local area networks has attracted attention due to the high capacity. Since the range of mmWave communication is short due to large propagation loss, to deploy multiple access points (AP) is required to enhance mmWave WLAN coverage. However, due to cost limitation, a network operator should consider optimal placement of a limited number of APs. For optimal deployment, human blockage and overhead of beamforming should be considered. In mmWave communications, when a user blocks a line of sight path between the AP and a station, RSSI decreases sharply. Moreover, as increasing users, the number of frames exchanged for beamforming increases. Therefore, the number of users in an area highly affects on mmWave throughput.We show that total throughput of mmWave system is improved by deploying mmWave access points in places where the total expected throughput is maximized compared to the station density based deployment scheme. This paper models an expected throughput as a metric for AP deployment, which considers human blockage and beamforming overhead, and discusses AP deployment which maximizes total expected throughput. Our simulation results show that the deployment based on the expected throughput increases total system throughput.
キーワード (和) ミリ波通信 / IEEE 802.11ad / 人体遮蔽 / 基地局配置 / / / /  
(英) mmWave communication / IEEE 802.11ad / human blockage / access point deployment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 171, MoNA2016-7, pp. 7-12, 2016年8月.
資料番号 MoNA2016-7 
発行日 2016-07-25 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2016-7

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2016-08-01 - 2016-08-02 
開催地(和) 瀧川記念学術交流会館(神戸大学) 
開催地(英) Takigawa Memorial Hall (Kobe University) 
テーマ(和) モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,モバイルマルチメディア,モバイルデータ活用,モバイルプライバシおよび一般 
テーマ(英) Mobile Networks, Mobile Applications, Mobile Multimedia, Mobile Data Utilization, Mobile Privacy, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2016-08-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遮蔽環境におけるミリ波無線LANスループットのモデル化と基地局配置最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Model for mmWave Wireless LAN and Optimal Access Point Deployment under Human Blockage 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波通信 / mmWave communication  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11ad / IEEE 802.11ad  
キーワード(3)(和/英) 人体遮蔽 / human blockage  
キーワード(4)(和/英) 基地局配置 / access point deployment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江上 晃弘 / Akihiro Egami / エガミ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 理志 / Takayuki Nishio / ニシオ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 大輔 / Daisuke Murayama / ムラヤマ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中平 勝也 / Katsuya Nakahira / ナカヒラ カツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-01 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2016-7 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2016-07-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会