お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-30 15:20
横隔膜筋音図と呼吸筋力の関係
渡辺彰吾福原真一藤長武士岡 久雄岡山大MBE2016-20
抄録 (和) 呼吸筋力は、慢性閉塞性呼吸器疾患における呼吸筋リハビリテーションの有益な指標である。しかしながら、PEmaxやPImaxに代表される口腔内圧測定法は、簡便かつ非侵襲的な手法であるものの、直接的な呼吸筋力の指標であるとはいいがたい。本研究では、電気刺激によって横隔膜の収縮を促した際に発生する振動を横隔膜筋音図 (Diaphragmatic MMG: mechanomyogram)と定義し、呼吸筋力をより直接的に反映する新たな指標として提案する。被験者は若年者21名、高齢非喫煙者10名、高齢喫煙者10名とした。結果として、横隔膜筋音図は、従来の口腔内圧測定法 (PEmax, PImax)よりも顕著に各被験者群の違いを示し、両者の相関関係も良好であった。 
(英) Respiratory muscle strength has been used as a tool for evaluating respiratory rehabilitation in chronic obstructive pulmonary disease. However, mouth pressure measurement evaluated by maximum expiratory mouth pressure (PEmax) or inspiratory mouth pressure (PImax) offers an indirect method for measuring respiratory muscle strength. We demonstrated the evaluation of diaphragm contractility using a mechanomyogram (MMG), which is the mechanical signal generated by the motion of the diaphragm induced by the electric stimulation of the phrenic nerve. Study participants were 21 young and 20 elderly subjects. The elderly subjects were divided into non-smoker or smoker groups. We measured basic spirometric parameters, mouth pressure (PEmax, PImax), and diaphragmatic MMG. Diaphragmatic MMG showed more clear contrast between young subjects and elderly non-smoker or smoker subjects than the conventional method for respiratory muscle contraction (PEmax, PImax). In addition, the diaphragmatic MMG strongly correlated with inspiratory muscle strength.
キーワード (和) 筋音図 / 呼吸筋力 / 電気刺激 / 喫煙 / / / /  
(英) mechanomyogram / respiratory muscle strength / electric stimulation / smoking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 170, MBE2016-20, pp. 25-28, 2016年7月.
資料番号 MBE2016-20 
発行日 2016-07-23 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2016-20

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2016-07-30 - 2016-07-30 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2016-07-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 横隔膜筋音図と呼吸筋力の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The relationship between diaphragmatic mechanomyogram and respiratory muscle strength 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 筋音図 / mechanomyogram  
キーワード(2)(和/英) 呼吸筋力 / respiratory muscle strength  
キーワード(3)(和/英) 電気刺激 / electric stimulation  
キーワード(4)(和/英) 喫煙 / smoking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 彰吾 / Shogo Watanabe / ワタナベ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福原 真一 / Shinichi Fukuhara / フクハラ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤長 武士 / Takeshi Fujinaga / フジナガ タケシ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 久雄 / Hisao Oka / オカ ヒサオ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-30 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2016-20 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.170 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2016-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会