電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-29 14:55
2ユニット並列システムにおける故障時間データに基づく従属故障の統計的検知について
太田修平木村光宏法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 並列システムにおいて各ユニットが従属故障を起こす場合,そのシステムのMTTFは独立故障を想定した場合よりも短くなるという問題点がある.本研究は,1つのユニットの故障以降,他のユニットのハザートレードの上昇を仮定することで従属故障をモデル化し,上記の問題点を分析する.さらに,ユニットの故障が独立故障と従属故障のどちらであるかという情報が得られないときに,ユニットの故障時間から従属故障が起こっていたかを統計的に判定する手法を提案する. 
(英) This paper proposes a statistical test method which detects a dependent failure occurrence in parallel systems based on the failure occurrence times of the units. Fault tolerant systems such as parallel systems is often applied to a system which is required high reliability. However, if the units break down dependently, the reliability of the system would decrease. Our scheme can find dependent failure occurrences by assuming that the life time distribution of the survival unit changes if one unit fails and identifying the change of the distribution. The performance of the proposed method is shown by simulation studies.
キーワード (和) 並列システム / 従属故障 / カスケード故障 / K-S検定 / / / /  
(英) parallel system / dependent failure / cascading failure / K-S test / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 168, R2016-16, pp. 19-24, 2016年7月.
資料番号 R2016-16 
発行日 2016-07-22 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2016-07-29 - 2016-07-29 
開催地(和) 小樽経済センター(4階Aホール) 
開催地(英) Otaru Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Reliability theory, Reliability for communication network, Overall reliability engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2016-07-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2ユニット並列システムにおける故障時間データに基づく従属故障の統計的検知について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A note on statistical detection of a dependent failure-occurrence for a 2-unit parallel system by using failure time data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 並列システム / parallel system  
キーワード(2)(和/英) 従属故障 / dependent failure  
キーワード(3)(和/英) カスケード故障 / cascading failure  
キーワード(4)(和/英) K-S検定 / K-S test  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 修平 / Shuhei Ota / オオタ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei university (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 光宏 / Mitsuhiro Kimura / キムラ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei university (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-29 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2016-16 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.168 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2016-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会