電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-29 13:35
レーダパルス圧縮に用いられる相補符号の拡張とその生成法
前田拓大梅原大祐若杉耕一郎京都工繊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) レーダパルス圧縮に適した符号として相補符号がある.一般に知られる系列数2の相補符号では,符号長2,10,26の符号を核として,符号長を拡大した系列対が生成可能である.本報告では,系列数を4に拡張した拡張相補符号を対象として,その生成方法を検討する.この拡張相補符号は,系列数2の相補符号では生成できない符号長3,5,7等の符号を核とした系列対が生成可能という特長がある. 
(英) Complementary codes are often used for radar pulse compressions.The well-known two-sequence complementary code has primitive code pairs of lengths 2,10,26.
Based on these primitive code pairs, one can easily extend the code length (e.g., 2,4,8,….).In this report, we focus on a four-sequence complementary code.Primitive code pairs of lengths 3,5,7 are found.By using these pairs, we can generate complementary codes whose code lengths are not available based on the two-sequence complementary code.
キーワード (和) パルス圧縮 / 相補符号 / / / / / /  
(英) Pulse Compressions / Complementary Codes / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 163, IT2016-33, pp. 69-74, 2016年7月.
資料番号 IT2016-33 
発行日 2016-07-21 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2016-07-28 - 2016-07-29 
開催地(和) 福岡大学セミナーハウス 
開催地(英) Seminar House, Fukuoka Univ. 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レーダパルス圧縮に用いられる相補符号の拡張とその生成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Four-Sequence Complementary Codes and their Generation for Radar Pulse Compressions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パルス圧縮 / Pulse Compressions  
キーワード(2)(和/英) 相補符号 / Complementary Codes  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 拓大 / Takuhiro Maeda / マエダ タクヒロ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若杉 耕一郎 / Koichiro Wakasugi / ワカスギ コウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-29 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-33 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.163 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会