電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-29 13:10
時空間符号化MIMOレーダにおける生成行列の構造に関する検討
川原圭祐梅原大祐若杉耕一郎京都工繊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMOレーダにおいて相補符号と時空間符号を併用することで,完全な相互直交性とパルス圧縮特性を実現した符号構成法が提案された.これは核となる生成行列にアダマール行列を応用し,符号行列を構成する.これまで,この生成行列は1種類しか知られていなかった.本報告では,新たな生成行列の構造を明らかにし,これらを用いても完全な相互直交性とパルス圧縮特性が実現できることを示す.さらに,異なる生成行列を複数用いた符号構成法の提案を行う. 
(英) We have already proposed a code construction scheme for MIMO radars based on a space-time coding and complementary codes. By using a primitive generator matrix, a general expression of the transmitted waveform matrix for an arbitrary number of transmit-antenna elements, $N_t = 2k(k ge 1)$ was derived and perfect cross-orthogonality and pulse compression was realized.
In this report, we reexamine the structure of primitive generator matrix,
and we derive a class of primitive generator matrix which also realize perfect cross-orthogonality and pulse compression.
キーワード (和) MIMOレーダ / 時空間符号 / パルス圧縮 / 生成行列 / / / /  
(英) MIMO Radar / Space-Time Coding(STC) / Pulse compression / Generator matrix / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 163, IT2016-32, pp. 63-68, 2016年7月.
資料番号 IT2016-32 
発行日 2016-07-21 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2016-07-28 - 2016-07-29 
開催地(和) 福岡大学セミナーハウス 
開催地(英) Seminar House, Fukuoka Univ. 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時空間符号化MIMOレーダにおける生成行列の構造に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration on Generator Matrix Structures for Space-Time Coded MIMO Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMOレーダ / MIMO Radar  
キーワード(2)(和/英) 時空間符号 / Space-Time Coding(STC)  
キーワード(3)(和/英) パルス圧縮 / Pulse compression  
キーワード(4)(和/英) 生成行列 / Generator matrix  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 圭祐 / Keisuke Kawahara / カワハラ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若杉 耕一郎 / Koichiro Wakasugi / ワカスギ コウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-29 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-32 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.163 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会