電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-28 11:15
量子通信理論を用いたガウス通信過程の情報伝送の数理的取り扱いについて
巻藁拓巳渡邊 昇東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ガウス型通信過程における問題点に対し,先行研究において取られた解決方法について紹介し,その量子通信理論を用いた解決方法を雑音がガウス型ホワイトノイズであるガウス型通信過程において適用した場合について説明する. 
(英) In order to solve a difficulty in the study of efficiency of information transmission in Gaussian Communication Process, a new treatment of Gaussian Communication Process was proposed based on Quantum Communication Theory.
In this paper, we will discuss the efficiency of information transmission for the Gaussian Communication Process with Gaussian White Noise.
キーワード (和) ガウス型通信過程 / ガウス型通信過程の問題点 / 量子系の通信過程 / ガウス型ホワイトノイズ / / / /  
(英) Gaussian Communication Process / issues of Gaussian Communication Process / Quantum Communication Process / Gaussian White Noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 163, IT2016-22, pp. 7-11, 2016年7月.
資料番号 IT2016-22 
発行日 2016-07-21 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2016-07-28 - 2016-07-29 
開催地(和) 福岡大学セミナーハウス 
開催地(英) Seminar House, Fukuoka Univ. 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子通信理論を用いたガウス通信過程の情報伝送の数理的取り扱いについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Mathematical treatment of Information transmission for Gaussian Communication Process based on Quantum Communication Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ガウス型通信過程 / Gaussian Communication Process  
キーワード(2)(和/英) ガウス型通信過程の問題点 / issues of Gaussian Communication Process  
キーワード(3)(和/英) 量子系の通信過程 / Quantum Communication Process  
キーワード(4)(和/英) ガウス型ホワイトノイズ / Gaussian White Noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 巻藁 拓巳 / Takumi Makiwara / マキワラ タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 昇 / Noboru Watanabe / ワタナベ ノボル
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-28 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-22 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.163 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2016-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会