電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-27 15:55
OpenFlowにおける全リンクパケットロス率計測のための統計情報取得順序の最適化
藤村悠樹月岡祐太鶴 正人九工大CQ2016-45
抄録 (和) 近年,クラウドサービスやサーバ仮想化を支えるためのネットワーク技術として,OpenFlowが普及し始めている.それに伴い,OpenFlow技術を用いた大規模ネットワークの品質維持のために,アクティブ計測に基づく実時間での性能計測・状態監視技術が研究されている.先行研究では,OpenFlowの柔軟なフローベースの経路制御や統計情報を利用して1台の計測端末から適切な数の計測用パケットをネットワーク上の全リンクに重複なしで通過させた後,各OpenFlowスイッチから各ポートでの通過数を取得・比較することにより,それらの差分からパケットロス率を算出する全リンク双方向パケットロス率計測システムを提案した.本稿では,統計情報を取得する順序を工夫することにより,必要な取得回数を削減し,制御ネットワークの通信負荷やスイッチのアクセス負荷の低減を検討する.大規模なトポロジにおける本手法の有効性をシミュレーションによって検証し,また,試作計測システムを用いて国内OpenFlowテストベッド上での実験を行い,実環境での動作を確認する. 
(英) In recent years, OpenFlow has been attracting much attention as a network technology to support cloud computing and server virtualization.
Accordingly, in order to maintain a high quality of large-scale OpenFlow networks, active measurement-based real-time performance/status monitoring schemes have been studied. In our previous study, by utilizing the flexible flow routing/monitoring capability of OpenFlow, we proposed a framework to efficiently measure the packet loss rates on all links in both directions distinguishably. In the framework, a number of test packets are launched by a single measurement terminal so as to pass through every link only once; the number of test packets passing on an individual port is collected from all OpenFlow switches; and then the packet loss rate on each link is calculated by taking a difference. In this study, we improve the sequential order in which the flow statistics information are collected from OpenFlow switches. By using an appropriate order, we do not need to access all OpenFlow switches and can reduce a traffic load on the control-plain network and an access load on the switches. We evaluate the effectiveness of the proposed scheme on large-scale networks through simulations. We also test a proto-type system in a nation-wide testbed OpenFlow network to experimentally validate the system.
キーワード (和) OpenFlow / ネットワーク監視 / アクティブ計測 / マルチキャスト / パケットロス率 / / /  
(英) OpenFlow / Network Monitoring / Active Measurement / Multicast / Packet Loss Rate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 161, CQ2016-45, pp. 73-78, 2016年7月.
資料番号 CQ2016-45 
発行日 2016-07-19 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2016-45

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2016-07-26 - 2016-07-27 
開催地(和) 関西学院大学大阪梅田キャンパス 
開催地(英) The Osaka Umeda Campus, Kwansei Gakuin Univesity 
テーマ(和) QoEとQoSの計測と制御,一般 
テーマ(英) Measurement and Control of QoE and QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2016-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowにおける全リンクパケットロス率計測のための統計情報取得順序の最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of the retrieval order of statistics information in measuring packet loss rates of all links on OpenFlow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク監視 / Network Monitoring  
キーワード(3)(和/英) アクティブ計測 / Active Measurement  
キーワード(4)(和/英) マルチキャスト / Multicast  
キーワード(5)(和/英) パケットロス率 / Packet Loss Rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤村 悠樹 / Yuki Fujimura / フジムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 月岡 祐太 / Yuta Tsukioka / ツキオカ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru /
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-27 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2016-45 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.161 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2016-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会