電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-25 15:45
ラット敗血症性ショックモデルを用いた微小循環における血流障害の定量評価手法の開発
高橋 穂大西 峻渡邉栄三織田成人羽石秀昭千葉大MI2016-39
抄録 (和) 敗血症性ショックの病態では,微小循環が障害され臓器不全を惹起すると考えられている.精度の高い敗血症性ショック診断を実現すべく,微小循環のモニタリングや血流の定量評価手法の開発が望まれている.我々は微小循環の非侵襲的なイメージング法であるsidestream dark-field撮影法を,独自開発した撮影装置に実装した.またこの装置で得られる取得動画像から,定量評価指標の初期検討として,血流速度推定を試みた.生データに対する直接的な速度推定は困難であったため,ロバスト主成分分析を用いて赤血球の流れを強調した動画像の作成を前処理として行った.この結果安定した推定が可能となった.また,敗血症の症状を再現したcecal ligation and puncturesモデルラットの微小循環に本手法を適用し,血流速度の違いを確認した. 
(英) Septic shock induces organ dysfunction by microcirculatory disturbance. Observation and quantification of microcirculation is expected to be effective for the diagnosis of septic shock. We investigated an estimation method of the blood flow velocity from microcirculation motion pictures obtained by sidestream dark-filed (SDF) imaging. In this imaging, subject’s body movements made the velocity estimation difficult. Thus, we first introduced a sparse model-based technique to enhance the blood flow for SDF images. We then estimated the blood flow velocity in the microcirculation of sepsis in rats. We performed experiments using a small intestine of rats and obtained reasonable estimates of blood flow velocity compared to the literature and found the difference of the velocity between sham and septic shock.
キーワード (和) 微小循環 / 敗血症性ショック / sidestream dark-field / ロバスト主成分分析 / cecal ligation and punctures(CLP)モデル / / /  
(英) microcirculation / septic shock / sidestream dark-filed / robust principal component analysis / cecal ligation and punctures model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 160, MI2016-39, pp. 19-22, 2016年7月.
資料番号 MI2016-39 
発行日 2016-07-18 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2016-39

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2016-07-25 - 2016-07-26 
開催地(和) 苫小牧市民会館 
開催地(英) Tomakomai Civic Hall 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2016-07-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラット敗血症性ショックモデルを用いた微小循環における血流障害の定量評価手法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of quantitative perfusion evaluation methods for obstruction of blood flow of microcirculation using a rat model of septic shock. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 微小循環 / microcirculation  
キーワード(2)(和/英) 敗血症性ショック / septic shock  
キーワード(3)(和/英) sidestream dark-field / sidestream dark-filed  
キーワード(4)(和/英) ロバスト主成分分析 / robust principal component analysis  
キーワード(5)(和/英) cecal ligation and punctures(CLP)モデル / cecal ligation and punctures model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 穂 / Minori Takahashi / タカハシ ミノリ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 峻 / Takashi Ohnishi / オオニシ タカシ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 栄三 / Eizo Watanabe / ワタナベ エイゾウ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 織田 成人 / Shigeto Oda / オダ シゲト
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽石 秀昭 / Hideaki Haneishi /
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-25 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2016-39 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.160 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2016-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会