電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-24 13:45
Computational modeling of hierarchical morphological structures
Yohei OsekiAlec MarantzNYUTL2016-24
抄録 (和) Chomsky (1956, 1957) famously showed that sentences are organized as hierarchical structures, not linear strings, of words, concluding that syntax is (at least) "Context-Free Grammar (CFG)", not "Finite-State Grammar (FSG)". However, the question whether words are hierarchical structures of morphemes is controversial. In fact, not only has psycholinguistics, sentence processing in particular, assumed that words are axiomatic units, but also computational linguistics has claimed that morphology is FSG (Karttunen, 1983; Beesley & Karttunen, 2003; Roark & Sproat, 2007). In this paper, taking theoretical linguistics seriously, especially anti-lexicalist theories such as Distributed Morphology (Halle & Marantz, 1993) that morphemes are axiomatic units, we design the computational simulation experiment and ask whether morphology is CFG or FSG. The results of computational simulation strongly indicate that words are organized as hierarchical structures of morphemes and thus morphology is CFG (O'Donnel, 2011). 
(英) Chomsky (1956, 1957) famously showed that sentences are organized as hierarchical structures, not linear strings, of words, concluding that syntax is (at least) "Context-Free Grammar (CFG)", not "Finite-State Grammar (FSG)". However, the question whether words are hierarchical structures of morphemes is controversial. In fact, not only has psycholinguistics, sentence processing in particular, assumed that words are axiomatic units, but also computational linguistics has claimed that morphology is FSG (Karttunen, 1983; Beesley & Karttunen, 2003; Roark & Sproat, 2007). In this paper, taking theoretical linguistics seriously, especially anti-lexicalist theories such as Distributed Morphology (Halle & Marantz, 1993) that morphemes are axiomatic units, we design the computational simulation experiment and ask whether morphology is CFG or FSG. The results of computational simulation strongly indicate that words are organized as hierarchical structures of morphemes and thus morphology is CFG (O'Donnel, 2011).
キーワード (和) Morphology / Hierarchical structures / Computational modeling / Probabilistic Context-Free Grammar / n-gram / / /  
(英) Morphology / Hierarchical structures / Computational modeling / Probabilistic Context-Free Grammar / n-gram / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 159, TL2016-24, pp. 65-69, 2016年7月.
資料番号 TL2016-24 
発行日 2016-07-16 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-24

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-07-23 - 2016-07-24 
開催地(和) 早稲田大学西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. (Nishi-Waseda Campus) 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-07-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computational modeling of hierarchical morphological structures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Morphology / Morphology  
キーワード(2)(和/英) Hierarchical structures / Hierarchical structures  
キーワード(3)(和/英) Computational modeling / Computational modeling  
キーワード(4)(和/英) Probabilistic Context-Free Grammar / Probabilistic Context-Free Grammar  
キーワード(5)(和/英) n-gram / n-gram  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Yohei Oseki / Yohei Oseki /
第1著者 所属(和/英) New York University (略称: NYU)
New York University (略称: NYU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Alec Marantz / Alec Marantz /
第2著者 所属(和/英) New York University (略称: NYU)
New York University (略称: NYU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-24 13:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-24 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.65-69 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2016-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会