電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-24 14:15
Unconscious translation from Japanese kanji to Chinese hanzi by Chinese-Japanese bilinguals: An ERP investigation
Yunzhu WangYingyi LuoWaseda Univ.)・Shota MommaUMD)・Hiromu SakaiWaseda Univ.TL2016-25
抄録 (和) ともに漢字で表記される中国語と日本語とのバイリンガルは中国語と日本語の非同根語を処理する際に,中国語-英語バイリンガルのように無意識的の翻訳過程を経てしまう(Thierry & Wu, 2007)のだろうか。もしくは母語を経由せず,直接意味にアクセスするのだろうか。事象関連電位を用いた検討の結果,バイリンガルと日本語母語話者のいずれにおいても,N400成分の大きさにプライム単語とターゲット単語の間の意味的関連性の主効果が有意であった。さらに,バイリンガルにおいてのみ,プライム単語とターゲット単語に対応する中国語の翻訳同義語との間の文字の重複による影響が,P2成分に反映された。本研究の結果は,中国語と日本語のように意味が推測できる非同根語の処理においても,無意識的の翻訳過程が存在することを示している。 
(英) This study examined whether unconscious L2-to-L1 translation is involved in word recognition by Chinese-Japanese bilinguals, whose languages share grapheme-meaning conversion system. They may retrieve L1-word form when they access L2 word meaning as Chinese-English bilinguals (Thierry & Wu, 2007), or may not if they rely on L1-inherited knowledge of graphemes. Both bilingual and native Japanese speakers showed decreased N400, a semantic priming during reading pairs of Japanese words. However, only bilinguals were sensitive to the prime word whose hidden Chinese translation had one character overlapped with the target, reflected by a larger P200. The result suggests that the implicit activation of L1 word form is interfering L2 word recognition.
キーワード (和) 中日バイリンガル / 母語の活性化 / 第二言語の認知処理 / 事象関連電位 / / / /  
(英) Chinese-Japanese bilingual / L1 activation / L2 word recognition / translation / ERP / N400 / P200 /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 159, TL2016-25, pp. 71-76, 2016年7月.
資料番号 TL2016-25 
発行日 2016-07-16 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-25

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-07-23 - 2016-07-24 
開催地(和) 早稲田大学西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. (Nishi-Waseda Campus) 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-07-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Unconscious translation from Japanese kanji to Chinese hanzi by Chinese-Japanese bilinguals: An ERP investigation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 中日バイリンガル / Chinese-Japanese bilingual  
キーワード(2)(和/英) 母語の活性化 / L1 activation  
キーワード(3)(和/英) 第二言語の認知処理 / L2 word recognition  
キーワード(4)(和/英) 事象関連電位 / translation  
キーワード(5)(和/英) / ERP  
キーワード(6)(和/英) / N400  
キーワード(7)(和/英) / P200  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Yunzhu Wang / Yunzhu Wang /
第1著者 所属(和/英) Waseda University (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Yingyi Luo / Yingyi Luo /
第2著者 所属(和/英) Waseda University (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Shota Momma / Shota Momma /
第3著者 所属(和/英) University of Maryland (略称: UMD)
University of Maryland (略称: UMD)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiromu Sakai / Hiromu Sakai /
第4著者 所属(和/英) Waseda University (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-24 14:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-25 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会