お知らせ 2月17日(月) 未明04:10-04:50,決済代行サービス業者のサーバメンテナンスのため,発表参加費・聴講参加費・年間登録費・ダウンロード権の支払い(クレジットカード/請求書)ができません.発表申込,原稿アップロードなど,他の機能については問題ありません.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-23 11:00
事態把握の違いを用いた語学学習法(2)
佐野 洋東京外国語大TL2016-13
抄録 (和) 前稿( [1])では,事態の把握の仕方の違いに着目した語学学習法の提案を行った.特徴は,認知的な事態把握の方法を明示化して,無意識化されている母語(日本語)の特徴を意識化させることにある.同時に,英語の事態把握の特徴と比較することでターゲット言語(英語)との違いを先鋭化させ,気づきを促進する.時空間把握の相違の説明には視覚情報を用いることができ,理解し易い.前稿は,コトの認識の違いを示した.本稿では,コトの時空間把握(テンス,アスペクト)の認識の違いを示し文法形式に顕れる特徴を対照する.またコトの認識の違いも示し,教育教材の可能性を示す. 
(英) The literature reported to the technical committee held on January 2016 is long on proposals designed to address comparative cognitive analysis to express verb meanings in English and Japanese but short on explanations about inflectable words and nouns in terms of practical usage. Without in-depth background understanding, it will be difficult for learners to handle verbs usage in the right way to describe one’s thinkings and give their expressions. This seems to be the key learnings with comparative cognitive way for non-natives to improve language proficiency by being more conscious about mother tongue. The paper will consider the perceived structures of spatio-temporal images envisaged in describing world and show how they are used in language education. A cognitive-related approach to learning language will be discussed in the paper.
キーワード (和) 事態の把握 / 日英対照 / 英語学習 / 視覚教材 / / / /  
(英) Contrastive analysis on Japanese and Englis / Effective way of learning English / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 159, TL2016-13, pp. 1-6, 2016年7月.
資料番号 TL2016-13 
発行日 2016-07-16 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-13

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-07-23 - 2016-07-24 
開催地(和) 早稲田大学西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. (Nishi-Waseda Campus) 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-07-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 事態把握の違いを用いた語学学習法(2) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Language-learning Method Obtained by the Manners of Thinking and Perceiving Events (2) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事態の把握 / Contrastive analysis on Japanese and Englis  
キーワード(2)(和/英) 日英対照 / Effective way of learning English  
キーワード(3)(和/英) 英語学習 /  
キーワード(4)(和/英) 視覚教材 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 洋 / Hiroshi Sano / サノ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東京外国語大学 (略称: 東京外国語大)
Tokyo University of Foreign Studies (略称: TUFS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-23 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-13 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会