お知らせ 2月17日(月) 未明04:10-04:50,決済代行サービス業者のサーバメンテナンスのため,発表参加費・聴講参加費・年間登録費・ダウンロード権の支払い(クレジットカード/請求書)ができません.発表申込,原稿アップロードなど,他の機能については問題ありません.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-23 17:00
The bi-directionality and the graded nature of aspectual coercion -- An eye-tracking study --
So IshiiKiyoshi IshikawaHosei Univ.TL2016-20
抄録 (和) Psycholinguists have observed that predicates describing a single event are more costly to process when combined with durative adverbs than with punctual adverbs, which has been interpreted as evidence for iterative coercion. In order to investigate the reality of punctual coercion (an inverse operation from durative to punctual interpretations), as well as whether aspectual coercion should be seen as a category-changing operation based on the dichotomous durative/punctual distinction or a degree-changing operation based on graded preferences for durative or punctual interpretations, an eye-tracking experiment was conducted. The results suggest that (i) punctual coercion is real and hence aspectual coercion is bi-directional, and (ii) coercion is a graded operation. 
(英) Psycholinguists have observed that predicates describing a single event are more costly to process when combined with durative adverbs than with punctual adverbs, which has been interpreted as evidence for iterative coercion. In order to investigate the reality of punctual coercion (an inverse operation from durative to punctual interpretations), as well as whether aspectual coercion should be seen as a category-changing operation based on the dichotomous durative/punctual distinction or a degree-changing operation based on graded preferences for durative or punctual interpretations, an eye-tracking experiment was conducted. The results suggest that (i) punctual coercion is real and hence aspectual coercion is bi-directional, and (ii) coercion is a graded operation.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Aspectual coercion / Semelfactive / Punctual vs. Iterative / Category vs. Degree / Eye-tracking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 159, TL2016-20, pp. 43-48, 2016年7月.
資料番号 TL2016-20 
発行日 2016-07-16 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-20

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-07-23 - 2016-07-24 
開催地(和) 早稲田大学西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. (Nishi-Waseda Campus) 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-07-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The bi-directionality and the graded nature of aspectual coercion 
サブタイトル(英) An eye-tracking study 
キーワード(1)(和/英) / Aspectual coercion  
キーワード(2)(和/英) / Semelfactive  
キーワード(3)(和/英) / Punctual vs. Iterative  
キーワード(4)(和/英) / Category vs. Degree  
キーワード(5)(和/英) / Eye-tracking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 創 / So Ishii / イシイ ソウ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 潔 / Kiyoshi Ishikawa / イシカワ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-23 17:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-20 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会