お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-23 14:45
Illicit object drop by Japanese-speaking learners of English -- A performance account --
Koichi OtakiYuki KanazawaKanazawa Gakuin Univ.TL2016-15
抄録 (和) This study investigates illicit object drop by Japanese-speaking learners of English (JLEs). Although several studies (e.g., Wakabayashi & Negishi, 2003) have observed that JLEs frequently drop objects in obligatory contexts, why they produce such errors is still under debate. Using a forced-choice pointing task (Jiang & Haryu, 2014, 2016; Noble et al., 2011), we investigate to what extent transfer from Japanese (which allows extensive null arguments) is responsible for JLEs’ object drop errors. The results show that L1 transfer has little effect on object drop. This is consistent with the proposal that it is processing difficulties that cause illicit object drop by L2 learners (Zyzik, 2008). 
(英) This study investigates illicit object drop by Japanese-speaking learners of English (JLEs). Although several studies (e.g., Wakabayashi & Negishi, 2003) have observed that JLEs frequently drop objects in obligatory contexts, why they produce such errors is still under debate. Using a forced-choice pointing task (Jiang & Haryu, 2014, 2016; Noble et al., 2011), we investigate to what extent transfer from Japanese (which allows extensive null arguments) is responsible for JLEs’ object drop errors. The results show that L1 transfer has little effect on object drop. This is consistent with the proposal that it is processing difficulties that cause illicit object drop by L2 learners (Zyzik, 2008).
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) L2 acquisition / object drop / L1 transfer / performance account / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 159, TL2016-15, pp. 13-17, 2016年7月.
資料番号 TL2016-15 
発行日 2016-07-16 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-15

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-07-23 - 2016-07-24 
開催地(和) 早稲田大学西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. (Nishi-Waseda Campus) 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-07-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Illicit object drop by Japanese-speaking learners of English 
サブタイトル(英) A performance account 
キーワード(1)(和/英) / L2 acquisition  
キーワード(2)(和/英) / object drop  
キーワード(3)(和/英) / L1 transfer  
キーワード(4)(和/英) / performance account  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大滝 宏一 / Koichi Otaki / オオタキ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 金沢学院大学 (略称: 金沢学院大)
Kanazawa Gakuin University (略称: Kanazawa Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金沢 有紀 / Yuki Kanazawa / カナザワ ユキ
第2著者 所属(和/英) 金沢学院大学 (略称: 金沢学院大)
Kanazawa Gakuin University (略称: Kanazawa Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-23 14:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-15 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.159 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2016-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会