電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-22 13:35
無線LANにおける送信電力・キャリア検出閾値反比例設定の確率幾何解析 ~ ポアソンネットワークにおける最適閾値 ~
山本高至京大)・アベセカラ ヒランタNTTRCC2016-36 NS2016-73 RCS2016-124 SR2016-54 ASN2016-44
抄録 (和) 無線LANにおいて,送信機会に関する公平性を損なわずに周波数再利用を促進する手法として,キャリア検出閾値と送信電力の反比例設定が知られている. 本報告では,反比例設定の理論的解析を行うために送信局の分布がポアソン点過程に従うと仮定した上で確率幾何学を導入し,全送信局が同一の反比例設定を行う際のスループットを,キャリア検出閾値,受信信号電力対干渉雑音電力比,隣接送信局数の3つの変数からなる閉形式により与える. また,スループットが最大となるキャリア検出閾値及び送信電力の最適値の陽関数表示をを近似的により求める. 
(英) To facilitate spatial channel reuse in wireless LAN without starving surrounding potential transmitters, the inversely proportional setting of carrier sense threshold and transmission power is a promising approach.
In this report, assuming that the set of transmitters follows a Poisson point process and using a stochastic geometry approach, the closed-form expression of throughput with carrier sense threshold, received signal-to-interference-plus-noise power ratio, and the number of neighboring transmitters as variables is derived.
In addition, an explicit solution of the optimal inversely proportional setting in terms of throughput is obtained using some approximations.
キーワード (和) 無線LAN / キャリア検出閾値 / 確率幾何学 / ポアソン点過程 / / / /  
(英) wireless LAN / carrier sense threshold / stochastic geometry / Poisson point process / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 149, ASN2016-44, pp. 103-107, 2016年7月.
資料番号 ASN2016-44 
発行日 2016-07-13 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2016-36 NS2016-73 RCS2016-124 SR2016-54 ASN2016-44

研究会情報
研究会 RCS RCC ASN NS SR  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2016-07-RCS-RCC-ASN-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANにおける送信電力・キャリア検出閾値反比例設定の確率幾何解析 
サブタイトル(和) ポアソンネットワークにおける最適閾値 
タイトル(英) Stochastic Geometry Analysis of Inversely Proportional Setting of Transmission Power and Carrier Sense Threshold in WLANs 
サブタイトル(英) Optimal Threshold in Poisson Networks 
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) キャリア検出閾値 / carrier sense threshold  
キーワード(3)(和/英) 確率幾何学 / stochastic geometry  
キーワード(4)(和/英) ポアソン点過程 / Poisson point process  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) アベセカラ ヒランタ / Hirantha Abeysekera / アベセカラ ヒランタ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-22 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-RCC2016-36,IEICE-NS2016-73,IEICE-RCS2016-124,IEICE-SR2016-54,IEICE-ASN2016-44 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.145(RCC), no.146(NS), no.147(RCS), no.148(SR), no.149(ASN) 
ページ範囲 pp.119-123(RCC), pp.119-123(NS), pp.153-157(RCS), pp.127-131(SR), pp.103-107(ASN) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCC-2016-07-13,IEICE-NS-2016-07-13,IEICE-RCS-2016-07-13,IEICE-SR-2016-07-13,IEICE-ASN-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会