お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 10:15
LTE-Advanced上り無線アクセス方式を考慮したTCPスループットの特性改善 ~ TCP ACK送信制御手法の評価と検討 ~
太田好明中村道春富士通研)・河崎義博大出高義富士通RCS2016-105
抄録 (和) 3rd Generation Partnership Project(3GPP)で標準化が進められているLTE-Advanced(LTE-A) Proでは,第五世代移動通信(5G)も視野に入れ,通信遅延を低減するための各種の技術検討が進められている.特に,パケット通信において主流である下りのTCP(Transmission Control Protocol)スループットを向上するために,上り無線アクセスの遅延を低減することが重要な課題となっている.そこで,標準化検討アイテムとしてLatency Reduction(LATRED)が立ち上がり,遅延低減を目指して上り無線アクセス方式の策定と標準化が進められている.提案されている方法として,サブフレーム長を短縮する方法や上り送信許可(UL grant)の割り当て遅延を低減する方法がある.著者らはこれらのアプローチとは異なり,TCP ACKのフィルタリングを行うことによってTCPスループットを向上する方式を提案し,基礎的なシミュレーション評価によりその効果を示してきた.しかし,提案方式の有効性を検証するためには,さらなるシミュレーション評価が必要であると考える.本稿では,上りパケットスケジューリングとしてRound RobinとProportional Fairnessを適用した場合の特性を調査する.さらに,各種のTCP ACKフィルタリング手法を適用した場合の特性を調査する.これらの調査を通じ,望ましいTCP ACKフィルタリング手法について検討をさらに進める. 
(英) LTE-advanced (LTE-A) Pro is being standardized by 3rd Generation partnership Project (3GPP). On of technical challenges is latency reduction of the uplink wireless access for improving throughput of the Transmission Control Protocol (TCP), which is still considered as the most common transport protocol in the packet communications systems and cellular systems as well. To tackle this challenge, a study item called Latency Reduction (LATRED) has been agreed to enhance the uplink wireless access scheme. The proposed solutions in LATRED study include the reduction of the subframe length and the improvement of the uplink access scheme in terms of the uplink grant allocation. Unlike these approaches, the authors have proposed new TCP ACK filtering methods considering uplink access method in the LTE-A and showed the effectiveness by basic computer simulations. However, further simulation study is needed to verify the effectiveness of proposed methods. In this report, the performance of the proposed methods is examined when Round Robin scheduling and Proportional Fair scheduling for the uplink packet scheduling are applied. In addition, the performance of various types of TCP ACK filtering methods is examined. Through these examinations, we explore a little further into effective TCP ACK filtering methods.
キーワード (和) LTE-Advanced Pro / 5G / TCP / スループット / 遅延低減 / フィルタリング / /  
(英) LTE-Advanced Pro / 5G / TCP / Throughput / Latency Reduction / Filtering / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 147, RCS2016-105, pp. 65-70, 2016年7月.
資料番号 RCS2016-105 
発行日 2016-07-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-105

研究会情報
研究会 RCS RCC ASN NS SR  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-07-RCS-RCC-ASN-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced上り無線アクセス方式を考慮したTCPスループットの特性改善 
サブタイトル(和) TCP ACK送信制御手法の評価と検討 
タイトル(英) TCP Throughput Improvement Considering Wireless Access Scheme in LTE-Advanced Uplink 
サブタイトル(英) Examination of TCP ACK Transmission Methods 
キーワード(1)(和/英) LTE-Advanced Pro / LTE-Advanced Pro  
キーワード(2)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(3)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(4)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(5)(和/英) 遅延低減 / Latency Reduction  
キーワード(6)(和/英) フィルタリング / Filtering  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 好明 / Yoshiaki Ohta / オオタ ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD (略称: FLAB)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 道春 / Michinaru Nakamura / ナカムラ ミチハル
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FLAB)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河崎 義博 / Yoshihiro Kawasaki / カワサキ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED. (略称: FUJITSU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大出 高義 / Takayoshi Ode / オオデ タカヨシ
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED. (略称: FUJITSU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-105 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.147 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会