電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 10:15
符号化OFDMに基づく上りリンク非直交マルチアクセス方式におけるマルチユーザ検出の特性解析
堀 勇太落合秀樹横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 先行研究において筆者らは,低遅延・高信頼通信向けのアクセス方式として直交周波数分割多重(OFDM)をベースに超直交畳み込み符号(SOCC)とGolay系列を組み合わせた新たな上りリンク非直交マルチアクセス方式を提案した.本手法ではユーザを非直交に多重させるため,高信頼化のためには受信機でマルチユーザ検出(MUD)による干渉除去を行う必要がある.本稿では代表的なMUD手法である最尤復号(MLD)と逐次干渉除去(SIC)を導入し,提案システムにおいて各MUD手法を用いた際のビット誤り率特性を理論的に解析する. 
(英) In order to realize wireless transmission of
control information where latency and reliability are of significant importance, the authors have proposed a new uplink non-orthogonal multiple access based on orthogonal frequency-division multiplexing (OFDM) with super-orthogonal convolutional codes (SOCC) and Golay sequence. In this system, since users are multiplexed in a non-orthogonal manner, multiuser detection and decoding (MUD) at the receiver side is necessary for higher reliability. In this paper, we introduce the two representative MUD schemes, i.e., maximum likelihood detection (MLD) and successive interference cancellation (SIC) and develop approximate bit error rate expressions when each MUD scheme is employed.
キーワード (和) 符号化OFDM / 上りリンク非直交マルチアクセス / マルチユーザ検出 / 理論解析 / / / /  
(英) coded OFDM / uplink non-orthogonal multiple access / multiuser detection / performance analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 145, RCC2016-18, pp. 35-40, 2016年7月.
資料番号 RCC2016-18 
発行日 2016-07-13 (RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS RCC ASN NS SR  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2016-07-RCS-RCC-ASN-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 符号化OFDMに基づく上りリンク非直交マルチアクセス方式におけるマルチユーザ検出の特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Analysis of Multiuser Detection for Uplink Non-orthogonal Multiple Access Based on Coded OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 符号化OFDM / coded OFDM  
キーワード(2)(和/英) 上りリンク非直交マルチアクセス / uplink non-orthogonal multiple access  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザ検出 / multiuser detection  
キーワード(4)(和/英) 理論解析 / performance analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 勇太 / Yuta Hori / ホリ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-RCC2016-18 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.145 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会