電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 15:05
[招待講演]スマートメーター通信システムの展開について
小林克己岡部 直小原木敬祐東京電力パワーグリッドRCC2016-29 NS2016-66 RCS2016-116 SR2016-46 ASN2016-37
抄録 (和) 東京電力では、業務高度化や電力システム改革への対応を目的として、自動検針や電気の入り切りなど遠隔制御が可能なスマートメーターを2014年4月から導入しており、2020年までに2700万台の設置を目指し整備を進めている。メーターの設置環境は、住宅街、地下街、集合住宅や山間地など多様なため、3種の通信方式(無線マルチホップ、携帯、PLC)を適材適所で使い分け、高いエリアカバー率、早期のエリア展開を実現している。また、3方式中、適用割合の最も高い無線マルチホップでは、920MHz帯無線を用いスマートメーター間をバケツリレーのようにホップしてデータ伝送を行うが、無線出力(20mW)が低いため、近傍にメーターもしくは電柱上等に設置された集約装置(コンセントレーター)が必要となる。
平成28年6月末現在、スマートメーターの設置台数は約600万台、コンセントレーターの設置台数も約4. 5万台に到達し、接続率は約99%を達成している。今回はスマートメーター通信システムの概要と採用技術、接続率などのデータ、課題への取り組み状況等について紹介する。 
(英) TEPCO Power Grid Inc. (former transmission and distribution department of Tokyo Electric Power Company) set a target for 27 million smart meters installed by 2020, and started to deploy the smart meters from April 2014. The main purposes of introducing smart meters are to respond to the electricity market reform in Japan, and electric power business innovation using advanced metering infrastructure (AMI) for automatic meter reading (AMR) and remote control. The deployment area of smart meters varies from residential area to underground shopping center, and to mountainous areas. Three types of communication system (920MHz wireless multi-hop, mobile phone, and PLC) are appropriately selected to suite the environment. As a result, high coverage rate and rapid deployment have been achieved. Wireless multi-hop which is the most deployed type has limited power (20mWatts). In order to form multi-hop communication network, utility pole-mounted concentrators or other smart meters should be within the radio range.
As of the end of June 2016, about 6 million smart meters and 45,000 concentrators are installed, and the connection rate reached about 99%. In this session, we introduce the overview of smart meter communication system, adopted technology, the current trend of connection rate, and our efforts to challenges.
キーワード (和) スマートメーター / 920MHz / 無線マルチホップ / / / / /  
(英) Smart meters / 920MHz / Wireless multi-hop / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 147, RCS2016-116, pp. 117-117, 2016年7月.
資料番号 RCS2016-116 
発行日 2016-07-13 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2016-29 NS2016-66 RCS2016-116 SR2016-46 ASN2016-37

研究会情報
研究会 RCS RCC ASN NS SR  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-07-RCS-RCC-ASN-NS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートメーター通信システムの展開について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deployment of smart meter communication system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートメーター / Smart meters  
キーワード(2)(和/英) 920MHz / 920MHz  
キーワード(3)(和/英) 無線マルチホップ / Wireless multi-hop  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 克己 / Katsumi Kobayashi / コバヤシ カツミ
第1著者 所属(和/英) 東京電力パワーグリッド株式会社 (略称: 東京電力パワーグリッド)
Tokyo Electric Power Company Power Grid Inc. (略称: TEPCO PG)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 直 / Tadashi Okabe / オカベ タダシ
第2著者 所属(和/英) 東京電力パワーグリッド株式会社 (略称: 東京電力パワーグリッド)
Tokyo Electric Power Company Power Grid Inc. (略称: TEPCO PG)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原木 敬祐 / Takahiro Koharagi / コハラギ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京電力パワーグリッド株式会社 (略称: 東京電力パワーグリッド)
Tokyo Electric Power Company Power Grid Inc. (略称: TEPCO PG)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 15:05:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2016-29,IEICE-NS2016-66,IEICE-RCS2016-116,IEICE-SR2016-46,IEICE-ASN2016-37 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.145(RCC), no.146(NS), no.147(RCS), no.148(SR), no.149(ASN) 
ページ範囲 p.87(RCC), p.87(NS), p.117(RCS), p.87(SR), p.69(ASN) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCC-2016-07-13,IEICE-NS-2016-07-13,IEICE-RCS-2016-07-13,IEICE-SR-2016-07-13,IEICE-ASN-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会