電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 13:55
TMSによる運動野の高分解能位置推定
青沼新大ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大)・高倉朋和田村 学村垣善浩東京女子医科大EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21
抄録 (和) 近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁気刺激法)がある.TMSとは,頭部近傍にコイルを配置し,そのコイルに電流を流した際に発生する磁界の変化により,脳内に電流を誘導し,それによって大脳皮質を刺激する方法である.そのため,刺激時の生体反応を観測することによって,非侵襲的に脳機能の診断を行うことが可能となる.一方,脳は複雑な構造を有しているため,TMSによる誘導電流は標的以外にも流れてしまい,刺激範囲を特定することは容易ではない.本稿では,TMSによる刺激範囲を脳内誘導電界強度分布を計算することにより検討し,MEP発振を示す位置の推定を目的とする.被験者のMR画像からリアル人体頭部モデルを作成し,MEP発振を示した3サンプルにおいて,施術時と同条件における電磁界解析を行った.その結果,計算より得られた脳内誘導電界強度分布は,脳の解剖学的構造により刺激位置ごとに異なるものの,いずれも一次運動野付近で高い値を示していることを確認した.また,手における運動野の位置を1cm2程度に推定した. 
(英) In recent years, there has been a growing interest in stimulating in the brain tissue non-invasively and locally in the medical treatment/diagnosis. Transcranial Magnetic Stimulation (TMS) is the one of the non-invasive method for brain stimulation. TMS induces a current in a specific area of teh brain by a magnetic field that a coil generated. This technique is used for the diagnosis of the brain to observe an elicited reaction during electrostimulation. However, the localization of the stimulus area is not easy to specifiy due to the current induced in non-intended target region, which is attributable to complex structure of brain anatomy. The purpose of this study is to compute the induced electric field in the brain and to localize the motor target area as post-processing. We developed a realistic human brain model, which has been developed from MR (magnetic resonance) images of a patient. Then, the brain stimulation is stimulated with the record of clinical data. The coil positions used in the computation were three, in which motor evoked potential (MEP) was observed. The computational results between stimulation samples show different electric field distributions due to subject-specific anatomical difference. In addition, the internal electric field strength in the actual target area (in this study M1), which is related to the observed MEP, should be large enough in all the stimulation samples. The estimated area obtained by the superimposing three samples suggested that the hand motor area can be estimated in higher resolution as compared to previous studies.
キーワード (和) 経頭蓋磁気刺激法 / MEP / Scalar Potential Finite Difference (SPFD) 法 / リアル人体頭部モデル / / / /  
(英) transcranial magnetic stimulation / motor evoked potential / scalar potential finite difference (SPFD) method / realistic human model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 155, EST2016-20, pp. 77-80, 2016年7月.
資料番号 EST2016-20 
発行日 2016-07-14 (EMT, MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21

研究会情報
研究会 OPE MW EMT MWP EST IEE-EMT  
開催期間 2016-07-21 - 2016-07-22 
開催地(和) 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) 
開催地(英)  
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英) Light wave & Electromagnetic Wave Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2016-07-OPE-MW-EMT-MWP-EST-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TMSによる運動野の高分解能位置推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-resolution Localization of Motor Area by TMS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 経頭蓋磁気刺激法 / transcranial magnetic stimulation  
キーワード(2)(和/英) MEP / motor evoked potential  
キーワード(3)(和/英) Scalar Potential Finite Difference (SPFD) 法 / scalar potential finite difference (SPFD) method  
キーワード(4)(和/英) リアル人体頭部モデル / realistic human model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青沼 新大 / Shinta Aonuma / アオヌマ シンタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ゴメスタメス ホセ / Jose Gomez-Tames / ゴメスタメス ホセ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ラークソ イルッカ / Ilkka Laakso / ラークソ イルッカ
第3著者 所属(和/英) アールト大学 (略称: アールト大)
Aalto University (略称: Aalto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 晃正 / Akimasa Hirata / ヒラタ アキマサ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高倉 朋和 / Tomokazu Takakura / タカクラ トモカズ
第5著者 所属(和/英) 東京女子医科大学 (略称: 東京女子医科大)
Tokyo Women's Medical University (略称: TWMU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 学 / Manabu Tamura / タムラ マナブ
第6著者 所属(和/英) 東京女子医科大学 (略称: 東京女子医科大)
Tokyo Women's Medical University (略称: TWMU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 村垣 善浩 / Yoshihiro Muragaki / ムラガキ ヨシヒロ
第7著者 所属(和/英) 東京女子医科大学 (略称: 東京女子医科大)
Tokyo Women's Medical University (略称: TWMU)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-21 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMT2016-19,IEICE-MW2016-50,IEICE-OPE2016-31,IEICE-EST2016-20,IEICE-MWP2016-21 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.152(EMT), no.153(MW), no.154(OPE), no.155(EST), no.156(MWP) 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMT-2016-07-14,IEICE-MW-2016-07-14,IEICE-OPE-2016-07-14,IEICE-EST-2016-07-14,IEICE-MWP-2016-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会