電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-20 15:45
自動車の空間移動履歴に基づく体験の流れを考慮した観光計画システム
野見山真人竹内俊貴東大)・鬼丸寛之本田技研)・谷川智洋鳴海拓志廣瀬通孝東大MVE2016-9
抄録 (和) 自動車の約7割がナビを搭載している中,自動車観光において既存のナビは経路案内という形でしか観光支援を行わない.そのためユーザ自身が観光計画時に具体的な目的地を決める必要があるが,どこでいつどのような体験ができるか把握していないユーザにとってこれは大きな負担となると考えられる.そこで本研究では,体験の流れを考慮する自動車観光計画システム「Xnavi」を提案する.Xnaviは観光する土地と関連のあるキーワードを自然言語処理を用いて抽出すると同時に,自動車の移動履歴をアソシエーション分析することで,適切なキーワードの組み合わせを体験の流れとしてユーザに提示する.Xnaviのプロトタイプを用いたユーザスタディでは,観光する土地に関して自身で調べて計画するときと比べ,有意に計画時間が短縮し満足度の平均も向上した. 
(英) 70% of the automobiles have a navigation system which supports nothing but a route guidance in travel and a user must determine specific destinations. It makes hard to travel because he/she does not know where, when and what he/she can experience. We propose a travel planning system for drivers called ''Xnavi'' that considers experience flows. Xnavi extracts keywords related to the travel area using natural language processing and suggests appropriate combinations of keywords as experience flows using association analysis based on driving histories. In a user study using a prototype, the planning time was significantly shortened and the average satisfaction was increased in contrast to examining the area on his/her own.
キーワード (和) 観光計画 / 自動車移動履歴 / 体験の流れ / アソシエーション分析 / UI / / /  
(英) Travel planning / Driving histories / Experience flows / Association analysis / UI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 150, MVE2016-9, pp. 37-42, 2016年7月.
資料番号 MVE2016-9 
発行日 2016-07-13 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2016-9

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-20 
開催地(和) 東京大学山上会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感および一般(VR学会,HI学会SIGDeMO,およびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2016-07-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動車の空間移動履歴に基づく体験の流れを考慮した観光計画システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Travel Planning System Considering Experience Flows Based on Driving Histories 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 観光計画 / Travel planning  
キーワード(2)(和/英) 自動車移動履歴 / Driving histories  
キーワード(3)(和/英) 体験の流れ / Experience flows  
キーワード(4)(和/英) アソシエーション分析 / Association analysis  
キーワード(5)(和/英) UI / UI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野見山 真人 / Masato Nomiyama / ノミヤマ マサト
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 俊貴 / Toshiki Takeuchi / タケウチ トシキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鬼丸 寛之 / Hiroyuki Onimaru / オニマル ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 本田技研工業株式会社 (略称: 本田技研)
Honda Motor Co., Ltd. (略称: HONDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智洋 / Tomohiro Tanikawa / タニカワ トモヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳴海 拓志 / Takuji Narumi / ナルミ タクジ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 通孝 / Michitaka Hirose / ヒロセ ミチタカ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-20 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2016-9 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2016-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会