電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-15 15:20
金属箔人工物メトリクスにおける耐久性の評価
吉田直樹松本 勉横浜国大
抄録 (和) アルミ箔などの金属箔が,製造プロセスにおいて偶然生じる表面の変化により個別性が認められることから,個体認証が可能であり人工物メトリクスとして利用できることを我々は既に示している.一方で,金属箔は外部からの圧に弱く,対応策として透過性のフィルムなど保護膜を付与することを我々は提案しているが,具体的な実験によるデータがなく,耐久性の評価が十分行われているとはいえなかった.そこで本論文ではフィルムを傷つけた際や圧を加えた際の認証精度の影響を実験で得て,耐久性につき評価を行った. 
(英) We proposed that metallic foils such as aluminum foils and gold foils can be applied to artifact-metrics, because the metallic-foil surfaces have enough individuality due their manufacturing process. However metallic-foils are weak against pressures. To mitigate the weakness we have suggested to cover the foils by permeability films. In this paper, we try to evaluate the durability of a type of metallic-foil artifact-metrics by measuring the accuracy of authentication for damaged artifact-metric objects.
キーワード (和) 人工物メトリクス / 金属箔 / レーザー顕微鏡 / セキュリティ / 耐久性 / / /  
(英) Artifact-Metrics / Metallic-Foil / Laser scanning microscope / Security / Durability / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 129, ISEC2016-37, pp. 229-236, 2016年7月.
資料番号 ISEC2016-37 
発行日 2016-07-07 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2016-07-14 - 2016-07-15 
開催地(和) 中市コミュニティーホール Nac 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ,一般 
テーマ(英) security, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2016-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 金属箔人工物メトリクスにおける耐久性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Durability Evaluation for Metallic-Foil Artifact-Metrics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人工物メトリクス / Artifact-Metrics  
キーワード(2)(和/英) 金属箔 / Metallic-Foil  
キーワード(3)(和/英) レーザー顕微鏡 / Laser scanning microscope  
キーワード(4)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(5)(和/英) 耐久性 / Durability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直樹 / Naoki Yoshida / ヨシダ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-15 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2016-37,IEICE-SITE2016-31,IEICE-ICSS2016-37,IEICE-EMM2016-45 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.129(ISEC), no.130(SITE), no.131(ICSS), no.132(EMM) 
ページ範囲 pp.229-236 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2016-07-07,IEICE-SITE-2016-07-07,IEICE-ICSS-2016-07-07,IEICE-EMM-2016-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会