電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-14 13:00
雑音特性を考慮した電子透かし方式への誤り訂正符号の適用と考察
重本章吾栗林 稔舩曵信生岡山大
抄録 (和) 多くの電子透かし方式の中でも,DCT-OFDM型電子透かし方式は様々な種類の攻撃に対して高い耐性を持つ.DCT-OFDM型電子透かし方式にはスペクトル拡散法と量子化(QIM)法という二つの方式がある.コンテンツを歪ませる攻撃によって生じる雑音を,スペクトル拡散法では加法性白色ガウス雑音(AWGN),QIM法では二元対称通信路(BSC)で近似することができる.ロバスト性を改善するために誤り訂正符号を導入すれば,スペクトル拡散法では軟判定復号法を使用できる.一方,QIM法では透かし情報の抽出方法を考慮すると,硬判定復号法を使用しなければならない.本稿では,埋め込み特性や抽出方法を検討し,透かし画像の劣化が等しくなる条件下で誤り訂正能力を評価する.実験から性能におけるデジタルコンテンツの依存性を明確にした. 
(英) Among many watermarking schemes, the DCT-OFDM-based scheme retains high robustness against various kinds of attacks. There are two methods in the DCT-OFDM-based scheme. One is the spread spectrum (SS) method and the other is the QIM(quantization index modulation) method. The noise caused by attacks can be modeled as AWGN(additive white Gaussian noise) in the SS method while it is modeled as BSC(binary symmetric channel) in the QIM method. When an error correcting code is introduced for the improvement of robustness, the soft-decision decoding algorithm can be employed in the SS method. On the other hand, the hard-decision decoding algorithm must be used in the QIM method because of its watermark extracting method. In this paper, we consider the characteristics of the embedding and extracting methods, and evaluate the error correcting capability under the constraints such that the degradation of watermarked image is equal. Through the experiments, we reveal the dependency of digital content on the performance.
キーワード (和) スペクトル拡散法 / 量子化法 / 加法性白色ガウス雑音 / 二元対称通信路 / LDPC符号 / 軟判定復号法 / 硬判定復号法 /  
(英) Spread Spectrum Method / Quantization Index Modulation(QIM) Method / Additive White Gaussian Noise(AWGN) / Binary Symmetric Channel(BSC) / Low Density Parity Check Code / Soft-Decision Decoding Algorithm / Hard-Decision Decoding Algorithm /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 132, EMM2016-21, pp. 1-6, 2016年7月.
資料番号 EMM2016-21 
発行日 2016-07-07 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2016-07-14 - 2016-07-15 
開催地(和) 中市コミュニティーホール Nac 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ,一般 
テーマ(英) security, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2016-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 雑音特性を考慮した電子透かし方式への誤り訂正符号の適用と考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Employment of Error Correcting Codes for the Watermarking Scheme Considering the Characteristic of Noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトル拡散法 / Spread Spectrum Method  
キーワード(2)(和/英) 量子化法 / Quantization Index Modulation(QIM) Method  
キーワード(3)(和/英) 加法性白色ガウス雑音 / Additive White Gaussian Noise(AWGN)  
キーワード(4)(和/英) 二元対称通信路 / Binary Symmetric Channel(BSC)  
キーワード(5)(和/英) LDPC符号 / Low Density Parity Check Code  
キーワード(6)(和/英) 軟判定復号法 / Soft-Decision Decoding Algorithm  
キーワード(7)(和/英) 硬判定復号法 / Hard-Decision Decoding Algorithm  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 重本 章吾 / Shogo Shigemoto / シゲモト ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 稔 / Minoru Kuribayashi / クリバヤシ ミノル
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-14 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-ISEC2016-13,IEICE-SITE2016-7,IEICE-ICSS2016-13,IEICE-EMM2016-21 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.129(ISEC), no.130(SITE), no.131(ICSS), no.132(EMM) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2016-07-07,IEICE-SITE-2016-07-07,IEICE-ICSS-2016-07-07,IEICE-EMM-2016-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会