お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-14 14:15
CMCにおいて意図を伝達できるルールの作成
吉永敦征山口県立大ISEC2016-21 SITE2016-15 ICSS2016-21 EMM2016-29
抄録 (和) 本稿の目的はCMCにおいて意図を伝達するための自主ルールの策定を提案することである。中高生がスマートフォンを手にすることで夜遅くまでコミュニケーションを続けてしまうことが問題としてよく指摘される。ここにはCMCにおいてコミュニケーションを継続したいのではなく、終了するタイミングがつかめないケースであることを、つまり意図の伝達が行えないことに原因があると仮定する可能性があるだろう。つまりCMCが続いてしまうことは、コミュニケーションを終えたくないのではなく、コミュニケーションを終えたいという意図の伝達に失敗していることに起因するとみなす可能性である。
本稿ではまず意図を伝達するための仕組みおよびその方法について述べ、意図を伝達するためのものとしてシンプルなルールの策定を提案し、意図を伝達するという観点を持たせることによって主体的なコミュニケーションを取り戻せることを明かにする。 
(英) The purpose of this paper is to propose the development of rules that enable us to transmit our intentions through Computer Mediated Comunication.It is often said that once junior and senior high school students get a hold of so-called smart-phones, they continue to communicate with others until midnight because they are addicted to communication. There is the possibility, however, that they engage in this behavior not because they want to do it, but because they do not know how to terminate communication and to transmit their intentions to close communication to others in CMC. Building on that assumption, I first describe a mechanism that expresses our intentions and enable us to transmit them to others. Second, I propose a way to develop some simple rules which can be embedded into the mechanism. Last, I prove that the rules help us communication on our own initiative when we engage in communication.
キーワード (和) CMC / 意図 / ルール / / / / /  
(英) CMC / Intention / Rules / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 130, SITE2016-15, pp. 41-45, 2016年7月.
資料番号 SITE2016-15 
発行日 2016-07-07 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2016-21 SITE2016-15 ICSS2016-21 EMM2016-29

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2016-07-14 - 2016-07-15 
開催地(和) 中市コミュニティーホール Nac 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ,一般 
テーマ(英) security, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2016-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CMCにおいて意図を伝達できるルールの作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Developing rules to transmit our intentions in Computer Mediated Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMC / CMC  
キーワード(2)(和/英) 意図 / Intention  
キーワード(3)(和/英) ルール / Rules  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 敦征 / Nobuyuki Yoshinga / ヨシナガ ノブユキ
第1著者 所属(和/英) 山口県立大学 (略称: 山口県立大)
Yamaguchi Prefectural University (略称: YPU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-14 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2016-21,IEICE-SITE2016-15,IEICE-ICSS2016-21,IEICE-EMM2016-29 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.129(ISEC), no.130(SITE), no.131(ICSS), no.132(EMM) 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ISEC-2016-07-07,IEICE-SITE-2016-07-07,IEICE-ICSS-2016-07-07,IEICE-EMM-2016-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会