お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-14 15:30
ラミネート法を用いた半透明ポリマーEL素子の作製
西岡酉樹・○中 茂樹岡田裕之富山大OME2016-29 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2016-29
抄録 (和) ラミネート法による半透明ポリマーELデバイスの作製について検討した.陽極と陰極の両電極としてindium-tin-oxide (ITO)を用い,陰極ITO上にpolyethylenimine ethoxylated (PEIE)の電子注入層を塗布形成することで特性が劇的に改善した.波長530 nmで60%超の透過率を持ち,印加電圧7.2 V,電流密度500 mA/cm2時に,陽極ITO側から8,700 cd/m2の高輝度を得た. 
(英) Semi-transparent organic light-emitting diodes were fabricated using lamination process. Indium-tin-oxide (ITO) was used for both anode and cathode electrodes. Device characteristics were dramatically improved by inserting an ultra-thin polyethylenimine ethoxylated (PEIE) layer on ITO cathode. Transmittance of over 60% was obtained at wavelength of over 530 nm. Bright emission of 8,700 cd/m2 (@ 7.2 V, 500 mA/cm2) was obtained from ITO anode side.
キーワード (和) 有機ELデバイス / ラミネート法 / 半透明 / / / / /  
(英) organic light-emitting diode / lamination process / semi-transparent / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 134, OME2016-29, pp. 19-22, 2016年7月.
資料番号 OME2016-29 
発行日 2016-07-07 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2016-29 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2016-29

研究会情報
研究会 OME IEE-DEI  
開催期間 2016-07-14 - 2016-07-15 
開催地(和) 金沢大学 (7/14),しいのき迎賓館 (7/15) 
開催地(英) Kanazawa University (7/14), Shiinoki Cultural Complex (7/15) 
テーマ(和) 有機薄膜,有機デバイス,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2016-07-OME-DEI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラミネート法を用いた半透明ポリマーEL素子の作製 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Semi-transparent Polymer LEDs Fabrication using Lamination Process 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機ELデバイス / organic light-emitting diode  
キーワード(2)(和/英) ラミネート法 / lamination process  
キーワード(3)(和/英) 半透明 / semi-transparent  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 酉樹 / Yuuki Nishioka / ニシオカ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University ot Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中 茂樹 / Shigeki Naka / ナカ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University ot Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 裕之 / Hiroyuki Okada / オカダ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University ot Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-14 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2016-29 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.134 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OME-2016-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会