電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-14 13:25
ケルクホフスの原理に基づく電子透かし方式の安全性において特徴選出および信号処理の重要性
山下晃一郎栗林 稔舩曵信生岡山大
抄録 (和) 一般的に透かし情報は,秘密鍵を用いてコンテンツより選出した特徴成分の系列に埋め込まれる.ここでケルクホフスの原理に基づく電子透かし方式の安全性を考慮すれば,秘密鍵を除いてすべてのアルゴリズムが公開された場合,その選出された特徴成分は特定される可能性があることが指摘されている.安全性を考慮した方式としてICIP2015で提案された方式は,簡単な処理で難読化を実現しているが,欠点として,冗長な処理が含まれている.その全体の処理を同定化した代替方式も提案されており,理論上は同等の性能を有するが,計算機シミュレーションでは異なる結果となり安全性が大きく損なわれていた.本研究では,代替方式において,安全性が損なわれる原因の究明と特徴選出及び信号処理の重要性の検証を行った. 
(英) In general, watermark information is embedded into the host signals selected from digital content according to a secret key. However, the selected host signals can be easily classified from given watermarked content if all algorithms except for the secret key are in public based on the Kerckhoffs' principle. One of the countermeasures was proposed in ICIP2015 that introduced a simple obfuscating operation. The drawback of the method is the redundancy in the entire watermarking process. Although an alternative method was also presented by the identification of the process, the robustness against attack was decreased in the experiment. In this study, we analyze the reason of the degradation of the performance, and confirm the effects of some signal processing operations in the watermarking process including the obfuscating operation.
キーワード (和) 電子透かし / ケルクホフスの原理 / 難読化処理 / 安全性 / / / /  
(英) watermarking / Kerckhoffs' principle / obfuscating operations / security / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 132, EMM2016-22, pp. 7-12, 2016年7月.
資料番号 EMM2016-22 
発行日 2016-07-07 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM ISEC SITE ICSS IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2016-07-14 - 2016-07-15 
開催地(和) 中市コミュニティーホール Nac 
開催地(英)  
テーマ(和) セキュリティ,一般 
テーマ(英) security, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2016-07-EMM-ISEC-SITE-ICSS-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ケルクホフスの原理に基づく電子透かし方式の安全性において特徴選出および信号処理の重要性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations of Some Obfuscated Operations on the Security of Watermarking Schemes under the Kerckhoffs' principle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / watermarking  
キーワード(2)(和/英) ケルクホフスの原理 / Kerckhoffs' principle  
キーワード(3)(和/英) 難読化処理 / obfuscating operations  
キーワード(4)(和/英) 安全性 / security  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 晃一郎 / Koichiro Yamashita / ヤマシタ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 稔 / Minoru Kuribayashi / クリバヤシ ミノル
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-14 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-ISEC2016-14,IEICE-SITE2016-8,IEICE-ICSS2016-14,IEICE-EMM2016-22 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.129(ISEC), no.130(SITE), no.131(ICSS), no.132(EMM) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2016-07-07,IEICE-SITE-2016-07-07,IEICE-ICSS-2016-07-07,IEICE-EMM-2016-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会