お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-14 14:45
電圧分割型E級増幅器について
平山克利古川雄大白川拓也長崎大)・末次 正福岡大)・丸田英徳黒川不二雄長崎大EE2016-10
抄録 (和) 本論文では, 主スイッチの電圧ストレスを低減させるため, トランジスタを複数個直列に接続したE級増幅器回路を提案する。スイッチを二つ直列に接続した場合, シャントキャパシタ電圧を分割するため, 従来回路に比べて, 電圧ストレスを半減することができる。提案する回路では, それぞれのトランジスタのソースが接地されないにも関わらず, ドライブ回路に変圧器が必要ない。 
(英) The purpose of this paper is to present the splitting of peak switch voltage by series connected transistors in the class E amplifier. In this method, peak switch voltage of class E amplifier is reduced to half of conventional because shunt capacitor voltage is divided by two switches. Key feature of this method is that drive signal source of each switch can be grounded. Namely, transformer is not required in this method even though the source port of the series connected transistor is not grounded.
キーワード (和) E級増幅器 / 電圧ストレス / ZVS/ZDS / 電圧分圧 / / / /  
(英) class E amplifier / voltage stress / ZVS/ZDS / voltage divider / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 133, EE2016-10, pp. 49-52, 2016年7月.
資料番号 EE2016-10 
発行日 2016-07-07 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2016-10

研究会情報
研究会 EE IEE-SPC  
開催期間 2016-07-14 - 2016-07-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) エネルギー技術,半導体電力変換,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2016-07-EE-SPC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電圧分割型E級増幅器について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a Study of Voltage Dividing Class E Amplifier 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) E級増幅器 / class E amplifier  
キーワード(2)(和/英) 電圧ストレス / voltage stress  
キーワード(3)(和/英) ZVS/ZDS / ZVS/ZDS  
キーワード(4)(和/英) 電圧分圧 / voltage divider  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 克利 / Katsutoshi Hirayama / ヒラヤマ カツトシ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 雄大 / Yudai Furukawa / フルカワ ユウダイ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白川 拓也 / Takuya Shirakawa / シラカワ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 末次 正 / Tadashi Suetsugu / スエツグ タダシ
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 英徳 / Hidenori Maruta / マルタ ヒデノリ
第5著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 不二雄 / Fujio Kurokawa / クロカワ フジオ
第6著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-14 14:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.133 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EE-2016-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会