お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-08 10:50
時分割多重システムにおける緊急パケット即時送信方式の提案
村山大輔・○宗 秀哉水野晃平清水敬司NTTCS2016-27
抄録 (和) 第5世代移動通信システムでは,低遅延通信を要求するアプリケーションに対応するカテゴリにおいて,無線区間の遅延時間を1 ms以下にすることが目標とされている.これに対応するため,現行のLTEにおける無線リソースの割り当て周期である1 msを短縮し,より高頻度にリソース割当を行う方法が検討されている.しかし,割り当て周期を短縮すると制御メッセージの送信頻度が高まり制御オーバーヘッドが増大するため無線リソースの利用効率が低下するという問題がある.本報告では,無線リソース割り当て周期の短縮をせずに,低遅延を要求するパケット(緊急パケット)は直ちに優先して送信し,割りこまれた通常パケットは欠損部分を干渉補償技術の応用により復元することで,低遅延要求パケットの低遅延を満たしつつ無線リソース利用効率を向上する方式を提案する.シミュレーションにより,低遅延要求パケットの割り込みによる通常パケットの通信品質への影響および帯域利用効率への影響を評価する. 
(英) We propose a system concept in which the emergency packets are transmitted immediately when they are input into the transmitter on TDM systems. In proposal, the partially broken non-emergency packets are tried to correct with spectrum overlapping transmission technique. Latency time less than 1 ms is required for ultra-reliable and low latency category for IoT services in 5G systems. In order to meet the requirement, there is an approach in which the controller allocates the transmission resources with higher frequency. But it causes throughput degradation because of overhead increasing. We have evaluated the impacts to packet error rate and throughput with computer simulations and indicate the advantage of proposal.
キーワード (和) 第5世代移動通信システム / 低遅延通信 / 緊急パケット / 干渉補償 / 周波数利用効率 / / /  
(英) 5G mobile communication system / Low latency communication / Emergency packets / Interference compensation / Frequency efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 123, CS2016-27, pp. 99-104, 2016年7月.
資料番号 CS2016-27 
発行日 2016-06-30 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2016-27

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2016-07-07 - 2016-07-08 
開催地(和) 宮古島 平良港ターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Hirara-kou terminal bldg. 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next generation networks, access network, broadband access system, power-line communications, wireless communication systems, coding system, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-07-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時分割多重システムにおける緊急パケット即時送信方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Immediate transmission scheme for emergency packets on TDM systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 第5世代移動通信システム / 5G mobile communication system  
キーワード(2)(和/英) 低遅延通信 / Low latency communication  
キーワード(3)(和/英) 緊急パケット / Emergency packets  
キーワード(4)(和/英) 干渉補償 / Interference compensation  
キーワード(5)(和/英) 周波数利用効率 / Frequency efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 大輔 / Daisuke Murayama / ムラヤマ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗 秀哉 / Hideya So / ソウ ヒデヤ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 晃平 / Kohei Mizuno / ミズノ コウヘイ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 敬司 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-08 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-27 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.123 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2016-06-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会