電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-01 14:10
Color Line特性の平面近似によるノイズ除去手法
真鍋昂一郎山口拓郎池原雅章慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) カラー画像の色成分をRGBの3次元空間上にプロットすると,Color Line特性と呼ばれる局所領域におけるプロットが直線状に分布するという統計的性質を持つことが知られている.本研究はColor Line特性を用いたデノイジング手法を提案する.従来の手法では1本のラインを推定してノイズ除去を行っていたが,実際のColor Lineの形状は2本あるいは平面的に分布しているものも多く見受けられる.そこで平面近似を用いる全く新しい手法により,従来のColor Lineの主成分推定よりも細かく形状を推定することを可能にした. 
(英) It is known that in a local region of a color image, color distribution is almost linear in RGB space. We call this property “Color Line”. We propose a denoising method based on this property. In conventional methods, Color Line is estimated to be a line, but actual distribution takes various shapes such as a line, two lines, and a flat surface and so on. In our method, we can estimate the distribution in more detail using surface approximation. In this way, we achieve better result than a conventional method.
キーワード (和) ノイズ除去 / Color Line特性 / 近似手法 / / / / /  
(英) Image denoising / Color-line model / Approximation methods / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 119, IE2016-42, pp. 37-42, 2016年7月.
資料番号 IE2016-42 
発行日 2016-06-24 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2016-07-01 - 2016-07-01 
開催地(和) 沖縄セルラー電話 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-07-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Color Line特性の平面近似によるノイズ除去手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Noise removal based on surface approximation of Color Line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ノイズ除去 / Image denoising  
キーワード(2)(和/英) Color Line特性 / Color-line model  
キーワード(3)(和/英) 近似手法 / Approximation methods  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 昂一郎 / Koichiro Manabe / マナベ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 拓郎 / Takuro Yamaguchi / ヤマグチ タクロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池原 雅章 / Ikehara Masaaki / イケハラ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-01 14:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2016-42 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2016-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会