電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-01 15:45
Graph Cutを用いたシームレステクスチャの生成法
大川僚太吉田大海飯國洋二阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) タイル貼りのように繰り返し並べても,継ぎ目に違和感のない画像をシームレステクスチャという.シームレステクスチャには,簡単かつ高速に、違和感なく張り付けられるという特徴がある.
本研究ではGraph Cutを用いて画像の両端を滑らかに接続することで,画像をシームレステクスチャにする方法を提案する.また,入力画像が周期的な場合は,ゼロ平均正規化相互相関 (ZNCC) を用いて,画像中の繰返しパターンを抽出することでシームレステクスチャを生成する.実験においては,さまざまな画像を対象としたシームレステクスチャ生成を行い,提案法の有効性を確認する. 
(英) A seamless texture is an image that can be tiled without causing a visible seam on the boundary. We can tile seamless textures easily and quickly.
In this paper, we present a seamless texture generation mothod that connects both ends of an image by using Graph Cut. If the input image has a periodic pattern, we extract the pattern by using Zero-mean Normalized Cross-Correlation (ZNCC). We demonstrated the effectiveness of our method through experiments on several images.
キーワード (和) シームレステクスチャ / テクスチャ合成 / グラフカット / ZNCC / / / /  
(英) Seamless texture / Texture synthesis / Graph Cut / ZNCC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 119, IE2016-45, pp. 55-60, 2016年7月.
資料番号 IE2016-45 
発行日 2016-06-24 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2016-07-01 - 2016-07-01 
開催地(和) 沖縄セルラー電話 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-07-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Graph Cutを用いたシームレステクスチャの生成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Seamless Texture Generation using Graph Cut 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シームレステクスチャ / Seamless texture  
キーワード(2)(和/英) テクスチャ合成 / Texture synthesis  
キーワード(3)(和/英) グラフカット / Graph Cut  
キーワード(4)(和/英) ZNCC / ZNCC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 僚太 / Ryota Okawa / オオカワ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 大海 / Hiromi Yoshida / ヨシダ ヒロミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯國 洋二 / Youji Iiguni / イイグニ ヨウジ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-01 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2016-45 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2016-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会