電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-01 10:15
指向性離散コサインフレームの設計
京地清介北九州市大)・鈴木大三筑波大)・田中雄一東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では指向性離散コサインフレームの設計を提案する.Curvelet,Contourlet に代表される従来の指
向性フレームは,各構成要素(atom)の台が互いに重複しているため(重複フレーム),画像の指向性を考慮した高
効率な疎表現が可能であるものの,計算量や並列演算効率に問題がある.一方,離散フーリエ変換のような各atom
の台に互いに重複のないブロック変換に基づく指向性フレーム(ブロックフレーム)は,計算量・並列演算効率の高
さを備えているが,疎表現の性能に関しては重複フレームに劣るため,これまで十分に検討されなかった.本研究で
は,新たな指向性フレームとして従来の離散コサイン変換に,離散サイン変換を並列に配した構造に基づくブロック
フレーム提案する.そして,画像復元において従来の指向性ブロックフレームと比較し,提案手法がより高い性能を
有することを示す. 
(英) This paper proposes a directional block transform, called directional discrete cosine transform (DDCT).
Conventional directional transforms, such as curvelet and contourlet, can provide sparse image representations that
contribute high quality image analysis and restoration. However, they are not hardware-friendly algorithms for
practical computation, since they typically require high computational cost, large amount of memory usage, and
global memory access. Our directional block transform constructed from the discrete cosine transform (DCT) forms
a Parseval block-wise frame and the supports of frame elements are identical or disjoint. In experiments, we evaluate
the proposed method with conventional directional block transforms in image recovery by a convex optimization
and show its effectiveness.
キーワード (和) ブロック変換 / 離散コサイン変換 / 指向性 / 疎表現 / 並列構造 / / /  
(英) Block transform / discrete cosine transform / directionality / sparse representation / dual-tree transform / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 119, IE2016-37, pp. 11-16, 2016年7月.
資料番号 IE2016-37 
発行日 2016-06-24 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2016-07-01 - 2016-07-01 
開催地(和) 沖縄セルラー電話 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-06-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 指向性離散コサインフレームの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of directional discrete cosine frames 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロック変換 / Block transform  
キーワード(2)(和/英) 離散コサイン変換 / discrete cosine transform  
キーワード(3)(和/英) 指向性 / directionality  
キーワード(4)(和/英) 疎表現 / sparse representation  
キーワード(5)(和/英) 並列構造 / dual-tree transform  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 京地 清介 / Seisuke Kyochi / キョウチ セイスケ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: The Univ. Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 大三 / Taizo Suzuki / スズキ タイゾウ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 雄一 / Yuichi Tanaka /
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-01 10:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2016-37 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2016-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会