電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-01 14:40
4Kテレビを用いた超解像技術の主観評価 ~ 学習型超解像と非線形超解像の性能 ~
庄司博樹合志清一工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在市販されている4Kテレビには必ずと言っていいほど超解像機能が搭載されている.しかし,テレビに搭載されている超解像の有効性は不明であり,画像の抽出ができないため,客観的に評価することも不可能である.本研究では,4Kテレビに搭載されている学習型超解像の性能を明らかにするため,主観評価実験を実施した.主観評価実験では,学習型超解像,非線形超解像,従来の補間拡大を一対比較することで,4Kテレビに搭載された学習型超解像の性能を定量的に示す.主観評価データを統計的に解析した結果,手法間の有意差が認められ,各手法の優劣が明らかとなったので報告する. 
(英) 4K television (TV) has become common in the market and the prices have become reasonable. Most of 4K TV sets are equipped with super resolution functions to improve image quality. According to their brochures, there are two types of SR technologies. Learning based super resolution (LBSR) is one of preferable technologies for 4K TV. We have proposed non-linear signal processing super resolution (NLSP) that is different from SR that are used for commercial TV sets. In this paper subjective assessments LBSR and NLSP for 4K TV are reported. The assessment results were analyzed statistically. According to the analyzation, image quality of NLSP is better than that of LBSR.
キーワード (和) 学習型超解像 / 非線形超解像 / 4Kテレビ / 主観評価 / 性能検証 / / /  
(英) Learning-Based Super-Resolution / Non-Linear Signal Processing / 4K television / Subjective assessment / Performance verification / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 119, IE2016-43, pp. 43-48, 2016年7月.
資料番号 IE2016-43 
発行日 2016-06-24 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2016-07-01 - 2016-07-01 
開催地(和) 沖縄セルラー電話 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-06-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 4Kテレビを用いた超解像技術の主観評価 
サブタイトル(和) 学習型超解像と非線形超解像の性能 
タイトル(英) Subjective assessment of Super-Resolution on 4K-TV 
サブタイトル(英) Performance of Learning-Based Super-Resolution and Non-Linear Signal Processing 
キーワード(1)(和/英) 学習型超解像 / Learning-Based Super-Resolution  
キーワード(2)(和/英) 非線形超解像 / Non-Linear Signal Processing  
キーワード(3)(和/英) 4Kテレビ / 4K television  
キーワード(4)(和/英) 主観評価 / Subjective assessment  
キーワード(5)(和/英) 性能検証 / Performance verification  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄司 博樹 / Hiroki Shoji / ショウジ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 合志 清一 / Seiichi Gohshi / ゴウシ セイイチ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-01 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2016-43 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2016-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会