電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-01 13:40
グラフスペクトル領域での点群データに対するぼけ除去
山本 郁小貫真希田中雄一東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 点群データとして定義される 3D モデルのテクスチャデータの計測時には,モデルやスキャナの動きによ り,データにぼけが生じることがある.しかし,点群データは 3 次元空間上に不規則に配置されているため,画像処 理分野で広く使用されている周波数解析に基づいたぼけ除去手法は直接適用できない.本報告では,グラフ信号処理 の知見を利用し,不規則に配置された点群データのぼけ除去を行う.グラフ信号は頂点上に配置された信号値と,頂 点間に定義された重み付きの辺から構成される信号であり,点群において各点間に辺を定義することで,点群データ はグラフ信号として表現できる.提案手法では,画像に対するぼけ除去手法である Multi-Wiener SURE-LET デコン ボリューションをグラフ信号に適用するための検討を行う.提案手法を用いて,3D モデルのテクスチャデータのぼけ 除去シミュレーションを行い,視覚的・数値的改善が得られたので報告する. 
(英) Blurring often occurs in point cloud attributes, e.g., textures and normals on 3D models, because of motions of objects and/or out-of-focus of lenses. However, since the deblurring methods based on spatial-frequency analysis are only adjusted to images, they cannot directly be applied to such data placed irregularly. In this report, we propose a deblurring method of irregularly-structured point cloud attributes by using graph signal processing (GSP). Graph signals consist of vertices and weighted edges which connect vertices. We consider point cloud at- tributes as graph signals by defining edges connecting them. Our method is inspired by multi-Wiener SURE-LET deconvolution, which is an image deblurring method. We restore the blurred textures on 3D models and report numerical and perceptual improvements.
キーワード (和) グラフ信号処理 / 点群 / 高次元信号 / SURE / 3Dモデル / / /  
(英) Graph signal processing / Point cloud / High-dimensional signal / SURE / 3D model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 119, IE2016-41, pp. 31-36, 2016年7月.
資料番号 IE2016-41 
発行日 2016-06-24 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2016-07-01 - 2016-07-01 
開催地(和) 沖縄セルラー電話 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像処理・符号化および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-07-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフスペクトル領域での点群データに対するぼけ除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deblurring of Point Cloud Attributes in Graph Spectral Domain 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラフ信号処理 / Graph signal processing  
キーワード(2)(和/英) 点群 / Point cloud  
キーワード(3)(和/英) 高次元信号 / High-dimensional signal  
キーワード(4)(和/英) SURE / SURE  
キーワード(5)(和/英) 3Dモデル / 3D model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 郁 / Yamamoto Kaoru / ヤマモト カオル
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小貫 真希 / Onuki Masaki / オヌキ マサキ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 雄一 / Tanaka Yuichi / タナカ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-01 13:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2016-41 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2016-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会