お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-27 13:00
聴導犬ロボットにおける行動モデルの提案
工藤星人中村剛士名工大)・加納政芳中京大)・山田晃嗣情報科学芸術大AI2016-4
抄録 (和) 聴導犬は,インターホンの音や火災報知器の音のような生活に必要な通知音を検知し,難聴者に情報を伝達する役割を持つ.聴導犬による難聴者支援は非常に有用であるが,難聴者人口に対し実働頭数が非常に少ない.そこで代替手法として,生活上重要な音を検知し,ユーザを探索して能動的接触によって伝達する聴導犬ロボットを提案する.本研究では,聴導犬ロボットの行動モデルを構築し,それを確認するための実験を行った.ほとんどの場合において行動モデル通りに動作したが,ユーザの検知に失敗する場合も見られたため,その原因について考察する. 
(英) Hearing dogs play a role of assisting hearing-impaired people. The touch of the dog to the people can alert the people to important life sounds, such as doorbells and fire alarms. Hearing dogs are useful to assist the people, but the working number of the dogs are insufficient all over the world. Our study proposed a hearing-dog robot which is expected as an alternative assistant. In this paper we proposed and constructed a behavior model for the hearing-dog robot. We conducted an experiment to evaluate the proposed model. In the experiment the robot actually could act according to the behavior model, but in some cases the robot failed to touch the target user. We discussed the causes the robot failed and the improvements to solve them.
キーワード (和) ヒューマンロボットインタラクション / 聴導犬 / 接触コミュニケーション / / / / /  
(英) Human Robot Interaction / Hearing Dog / Touch Communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 117, AI2016-4, pp. 19-23, 2016年6月.
資料番号 AI2016-4 
発行日 2016-06-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2016-4

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2016-06-27 - 2016-06-27 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 「人間共生システム」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2016-06-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴導犬ロボットにおける行動モデルの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Behavior Model for Hearing-Dog Robot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヒューマンロボットインタラクション / Human Robot Interaction  
キーワード(2)(和/英) 聴導犬 / Hearing Dog  
キーワード(3)(和/英) 接触コミュニケーション / Touch Communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 星人 / Hoshito Kudo / クドウ ホシト
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 剛士 / Tsuyoshi Nakamura / ナカムラ ツヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加納 政芳 / Masayoshi Kanoh / カノウ マサヨシ
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 晃嗣 / Kouji Yamada / ヤマダ コウジ
第4著者 所属(和/英) 情報科学芸術大学院大学 (略称: 情報科学芸術大)
Institute of Advanced Media Arts and Sciences (略称: IAMAS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-27 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2016-4 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.117 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AI-2016-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会