お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-24 10:45
3アンテナ法による超小型深宇宙探査機PROCYON搭載アンテナの利得測定
玉木雄三小林岳彦東京電機大)・冨木淳史JAXASANE2016-11
抄録 (和) アンテナの精密利得校正には,3アンテナ法がよく用いられる.小型の電波暗室内など,短いアンテナ間距離でホーンアンテナを校正する場合,3アンテナ法のアンテナ間距離に開口面間の距離を用いると,開口面と位相中心の位置が一致しないため結果に誤差が生じる.このような場合,アンテナ間距離を位相中心間距離とするのが適切である.本報告では,被校正アンテナの位相中心位置を電波暗室内で自動的に測定し,3アンテナ法による利得校正に適用した.さらに,このようにして校正したダブルリッジドウェーブガイドホーンアンテナを用いて,2014年12月にJAXAが打ち上げた超小型深宇宙探査機PROCYONに搭載された3種類のX帯アンテナの電気特性を測定し,その結果の不確かさを,計測における不確かさの表現のガイドに基づく方法で評価した. 
(英) Precise determination of antenna phase centers is crucial to reduce the gain uncertainty in the three-antenna method, particularly operated over a short-rangesuch as a 3-m radio anechoic chamber, where the distance between the phase center and the aperture plane (the most common reference) is not negligible in comparison with the propagation distance. The phase centers of horn antennas has been automatically measured in a radio anechoic chamber and the absolute gain of horn antennas have been thereby evaluated with the three-antenna method. Then the gains, polarization, and radiation pattern of space-borne antennas low-, medium-, and high-gain X-band antennas for a micro-sized deep space explorer PROCYON were measured with the horn employing the polarization pattern method. Uncertainties in the gain were evaluated in accordance with ISO Guide to the Expression of Uncertainty in Measurement: 1995.
キーワード (和) X帯 / 3アンテナ法 / アンテナ校正 / / / / /  
(英) X-band / Three antenna method / Antenna calibration / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 115, SANE2016-11, pp. 7-11, 2016年6月.
資料番号 SANE2016-11 
発行日 2016-06-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2016-11

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2016-06-24 - 2016-06-24 
開催地(和) JAXAつくば宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム,宇宙科学ミッション衛星技術,及び一般 
テーマ(英) Space applications symposium, Mission for Space Science, Satellite technology and General issue 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2016-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3アンテナ法による超小型深宇宙探査機PROCYON搭載アンテナの利得測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gain Measurement of Onboard Antennas for PROCYON with a 3-Antenna Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) X帯 / X-band  
キーワード(2)(和/英) 3アンテナ法 / Three antenna method  
キーワード(3)(和/英) アンテナ校正 / Antenna calibration  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉木 雄三 / Yuzo Tamaki / タマキ ユウゾウ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ タケヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨木 淳史 / Atsushi Tomiki /
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-24 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-11 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2016-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会