電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-24 13:40
ダイナミック・フレキシブル光ネットワーク実現に向けたRF解析方式を用いるOSNRモニタサブシステムの試作
吉田節生小田祥一朗青木泰彦富士通)・イエンス ラスムセン富士通研
抄録 (和) RF領域での ASEと信号光とのビートノイズのパワーと、信号光とASE とを含むトータル光パワーの情報からインサービス信号のOSNR を推定する方式を適用した安価で簡便な構成のOSNRモニタサブシステムの試作を行い、入力光レンジ-10~-25dBm、OSNRレンジ20dB以下の範囲で±0.5dB以内のOSNR推定精度を得た。さらに動的かつ柔軟な光ネットワークの全体最適化と監視制御に向けて、OSNRモニタを具備した光ノード制御インターフェースの試作を行ったので報告する。 
(英) The estimate accuracy of OSNR within ±0.5 dB is obtained in the range of input level from -10 to -25 dBm and the range of OSNR of 20 dB and fewer by prototype of simple and low-cost OSNR monitor subsystem to estimate OSNR of in-service signal by using the values of total optical power and beat noise power at radio frequency domain. And we report the prototype of control interface for dynamic and flexible photonic networks and node control.
キーワード (和) OSNR推定 / RF領域 / サブシステム / / / / /  
(英) OSNR estimation / RF domain / subsystem / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 112, OCS2016-19, pp. 55-60, 2016年6月.
資料番号 OCS2016-19 
発行日 2016-06-16 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS NS PN  
開催期間 2016-06-23 - 2016-06-24 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,光増幅器・光中継装置,光/電気クロスコネクト・OADM,光/電気多重・分離,光送受信機,光端局装置,ディジタル信号処理・誤り訂正,光通信計測,データコム用光通信機器,コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-06-OCS-NS-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイナミック・フレキシブル光ネットワーク実現に向けたRF解析方式を用いるOSNRモニタサブシステムの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype of Radio Frequency Analysis Based OSNR Monitor Subsystem for Dynamic and Flexible Photonic Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OSNR推定 / OSNR estimation  
キーワード(2)(和/英) RF領域 / RF domain  
キーワード(3)(和/英) サブシステム / subsystem  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 節生 / Setsuo Yoshida / ヨシダ セツオ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一朗 / Shoichiro Oda / アオキ ヤスヒコ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 泰彦 / Yasuhiko Aoki / イエンス ラスムセン
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) イエンス ラスムセン / Jens C. Rasmussen /
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-24 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-19 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2016-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会