お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-24 16:05
2015年世界無線通信会議の成果と衛星業務等への適用
前田惟裕JRANSASANE2016-20
抄録 (和) 世界無線通信会議(WRC)は3年ー4年おきに開催され、無線通信規則が改訂される重要な会議である。2015年11月2日-27日に開催されたWRC-15において、衛星業務などにおいていくつかの成果が得られた。WRC-15での成果には、2015年7月28日-8月5日 つくば国際会議場で開催された宇宙用周波数調整会議SFCG-35が大きく寄与した。地球探査衛星業務ではXバンドSARの帯域幅がこれまでの600MHzから1.2GHzに拡大された。8025-8400MHzの下り回線に加え、7190-7250MHzに上り回線が追加された。これらの追加はこれまでの既存業務に干渉を与えず、保護を求めないとしている。また、海上移動衛星業務などの通信衛星への追加分配、IMTへの追加分配、自動車などに搭載するレーダの77.5-78GHzの追加分配が行われた。新規業務の追加がマイクロ波センサ、電波天文に及ぼす影響、LバンドSARの帯域拡大の可能性について検討しておく必要がある。 
(英) World Radiocommunication Conference (WRC) is held every 3 or 4 years and is very important due to revision of radio regulations. WRC-15 was held in Nov.2-27 in 2015 and several results were obtained in satellite services and others.SFCG-35 which was held in Tsukuba in July 28-Aug.5, 2015 has contributed to such results. In Earth Exploration Satellite service, bandwidth of X band SAR was double from 600MHz to 1200MHz. Moreover, In addition to 8025-8400MHz down link, 7190-7250 MHz band was added as up link. These additions are allowed under the condition of no interference to other services and no request of protection from other services. Moreover,additional allocations of communication satellites including communication with ships, IMT, 77.5-78GHz of radar mounted on cars and others have been obtained. It is necessary to study impact of additional allocations on spaceborne passive sensor and radio astronomy, possible extension of L band SAR
キーワード (和) WRC-15 / SFCG / 地球観測衛星 / 科学衛星 / 通信衛星 / / /  
(英) WRC-15 / SFCG / Earth Observation Satellite / Science Satellite / Communication Satellite / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 115, SANE2016-20, pp. 61-66, 2016年6月.
資料番号 SANE2016-20 
発行日 2016-06-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2016-20

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2016-06-24 - 2016-06-24 
開催地(和) JAXAつくば宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム,宇宙科学ミッション衛星技術,及び一般 
テーマ(英) Space applications symposium, Mission for Space Science, Satellite technology and General issue 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2016-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2015年世界無線通信会議の成果と衛星業務等への適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Results of 2015 World Radiocommunication Conference and its application to Satellite Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WRC-15 / WRC-15  
キーワード(2)(和/英) SFCG / SFCG  
キーワード(3)(和/英) 地球観測衛星 / Earth Observation Satellite  
キーワード(4)(和/英) 科学衛星 / Science Satellite  
キーワード(5)(和/英) 通信衛星 / Communication Satellite  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 惟裕 / Korehiro Maeda /
第1著者 所属(和/英) 航空保安無線システム協会 (略称: JRANSA)
Japan Air Radio Navigation Systems Association (略称: JRANSA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-24 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-20 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2016-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会