お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-24 15:15
小惑星探査機はやぶさ2 LIDAR光リンク実験のための姿勢制御と可視予測
尾川順子竹内 央山口智宏佐伯孝尚JAXA)・野田寛大国立天文台)・水野貴秀JAXA)・國森裕生NICT)・千秋博紀千葉工大)・並木則行国立天文台)・津田雄一JAXASANE2016-18
抄録 (和) 2014 年12 月に打ち上げられた小惑星探査機はやぶさ2はレーザ高度計LIDAR を搭載している.本来の目的は小惑星近傍での高度計測用であるが,地上SLR(satellite laser ranging)局との光リンク機能も有している.2015 年12 月にはやぶさ2は地球スイングバイを実施したが,その前後で地上SLR 局との光リンク実験を行い,1way
での光リンクを確立することに成功した.本実験においては,互いに動き続ける探査機と地上局の間で光リンクを確立するためのスキャンマヌーバや高精度可視予測などが実施された.本稿ではこの光リンク実験のために実施された姿勢制御,可視予測について紹介する. 
(英) Asteroid Explorer Hayabusa-2, launched in December 2014, is equipped with a laser altimeter LIDAR. The main purpose of the LIDAR is detection of the altitude of the spacecraft in proximity to the asteroid. Moreover,
it has a function for optical link between a satellite laser ranging (SLR) station on the ground. Before and after the Earth gravity assist operation on 3 December 2015, optical link experiments were performed between Hayabusa-2 and SLR stations. Hayabusa-2 successfully detected pulses from Mt. Stromlo stations and thus 1-way optical link was established. Link establishment between a moving spacecraft and a station requires precise attitude control of the spacecraft and visibility prediction of the spacecraft from the station. In this paper, we introduce attitude control and visibility prediction used for optical link experiments.
キーワード (和) はやぶさ2 / LIDAR / 光リンク / SLR / 姿勢制御 / 可視予測 / /  
(英) Hayabusa-2 / LIDAR / Optical Link / Satellite Laser Ranging / Attitude Control / Visibility Prediction / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 115, SANE2016-18, pp. 49-54, 2016年6月.
資料番号 SANE2016-18 
発行日 2016-06-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2016-18

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2016-06-24 - 2016-06-24 
開催地(和) JAXAつくば宇宙センター 
開催地(英) Tsukuba Space Center, JAXA 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム,宇宙科学ミッション衛星技術,及び一般 
テーマ(英) Space applications symposium, Mission for Space Science, Satellite technology and General issue 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2016-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小惑星探査機はやぶさ2 LIDAR光リンク実験のための姿勢制御と可視予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Attitude Control and Visibility Prediction for Optical Link Experiment by LIDAR on Asteroid Explorer Hayabusa-2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) はやぶさ2 / Hayabusa-2  
キーワード(2)(和/英) LIDAR / LIDAR  
キーワード(3)(和/英) 光リンク / Optical Link  
キーワード(4)(和/英) SLR / Satellite Laser Ranging  
キーワード(5)(和/英) 姿勢制御 / Attitude Control  
キーワード(6)(和/英) 可視予測 / Visibility Prediction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾川 順子 / Naoko Ogawa / オガワ ナオコ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 央 / Hiroshi Takeuchi / タケウチ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 智宏 / Tomohiro Yamaguchi / ヤマグチ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 孝尚 / Takanao Saiki / サイキ タカナオ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 寛大 / Hirotomo Noda / ノダ ヒロトモ
第5著者 所属(和/英) 国立天文台 (略称: 国立天文台)
National Astronomical Observatory of Japan (略称: NAOJ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 貴秀 / Takahide Mizuno / ミズノ タカヒデ
第6著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 國森 裕生 / Hiroo Kunimori / クニモリ ヒロオ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 千秋 博紀 / Hiroki Senshu / センシュウ ヒロキ
第8著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 並木 則行 / Noriyuki Namiki / ナミキ ノリユキ
第9著者 所属(和/英) 国立天文台 (略称: 国立天文台)
National Astronomical Observatory of Japan (略称: NAOJ)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 雄一 / Yuichi Tsuda / ツダ ユウイチ
第10著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-24 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-18 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2016-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会