お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-24 10:40
UF-OFDMにおける耐長遅延多重波伝送方式
栗木寛斗水谷圭一原田博司京大RCS2016-84
抄録 (和) 高い帯域外輻射抑圧性能を持つUniversal Filtered (UF)-OFDM方式が, 第5世代以降の移動通信システムにおける伝送方式の1つとして検討されている.
UF-OFDM方式を実際の移動通信システムで用いるには, 長遅延のマルチパス遅延波への対策が必要となる.
しかしUF-OFDM方式におけるガードインターバルは, 同じシンボル長となるようなCyclic Prefix (CP)を用いるCP-OFDM方式の高々半分しかないため, ガードインターバル長を超えるような長遅延の遅延波が存在する環境においては通信品質が劣化する.
そこで本稿では, 長遅延多重波伝搬環境下における通信品質劣化を抑制できるEnhanced UF-OFDM方式を提案し, 提案方式を既存の移動通信システムであるLTEに導入した際のBLER特性を従来のUF-OFDM方式と共に計算機シミュレーションによって評価を行うことにより, 提案方式の有用性を示す. 
(英) Universal filtered (UF)-OFDM has been proposed to reduce out-of-band emission (OOBE) as a candidate transmission scheme for the 5th or later generation mobile communication (5G) systems.
To apply the UF-OFDM to practical mobile communication systems, effect of long delay multi-path fading should be mitigated by using guard interval (GI).
However, the GI length of the UF-OFDM becomes only half of the GI of the conventional cyclic prefix (CP)-OFDM.
Therefore, communication quality of the UF-OFDM deteriorates in multi-path fading environment with long delay waves above GI length.
In this report, an enhanced UF-OFDM (E-UF-OFDM) scheme is proposed to overcome the influence of long delay multi-path fading effect.
The proposed E-UF-OFDM is evaluated with LTE based parameter and the advantage of the proposed scheme is shown in a large delay spread channel.
キーワード (和) CP-OFDM / UF-OFDM / 帯域外輻射電力抑圧 / マルチパスフェージング / LTE / 5G / /  
(英) CP-OFDM / UF-OFDM / Out-of-band emission reduction / Multi-path fading / LTE / 5G / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 110, RCS2016-84, pp. 221-226, 2016年6月.
資料番号 RCS2016-84 
発行日 2016-06-15 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-84

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-06-22 - 2016-06-24 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Univ. of the Ryukyus 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UF-OFDMにおける耐長遅延多重波伝送方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Anti-multipath Transmission Schemes to UF-OFDM in Long Delay Spread Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CP-OFDM / CP-OFDM  
キーワード(2)(和/英) UF-OFDM / UF-OFDM  
キーワード(3)(和/英) 帯域外輻射電力抑圧 / Out-of-band emission reduction  
キーワード(4)(和/英) マルチパスフェージング / Multi-path fading  
キーワード(5)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(6)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗木 寛斗 / Hiroto Kuriki / クリキ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-24 10:40:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-84 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会