お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-23 10:40
反復符号を用いた過負荷MIMOシステムにおけるアンテナ選択の有無による特性比較
任 泰範松岡 輝眞田幸俊慶大RCS2016-63
抄録 (和) 本研究では,過負荷MIMOシステムにおいて送信側アンテナ選択の適用効果を検討している.
過負荷MIMOシステムにおいては, 誤り訂正符号の周波数ダイバーシチ効果により
空間信号多重による特性劣化を抑制することができる.同時に低次変調信号を
多重化することにより特性を改善することができる.受信側からのフィードバックが
得られる場合,送信アンテナ選択をすることによっても, 過負荷MIMOシステムの特性は
向上する.本研究では, 同一レートの条件の元で,送信アンテナ選択の有無,符号化率の
変化による過負荷MIMOシステムの特性比較を示す.検討の結果,最小距離の大きな
誤り訂正符号を用いる必要があることが明らかになった. 
(英) This paper investigates the performance of an overloaded multiple-input multiple-output (MIMO) -
orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) system with and without antenna selection. In the overloaded
MIMO-OFDM system,the performance is improved by a repetition code that realizes frequency diversity.The
performance also improves by selecting transmit antennas if a small amount of feedback is available.Thus,this
paper presents the performance comparison of an overloaded MIMO system with and without antenna selection
under different code rates. It is shown that the performance of the MIMO-OFDM system for 6 signal streams with
QPSK modulation is about 2.0dB better than that for 3 signal streams with 16QAM modulation while it is about
5.0dB better than that of the MIMO-OFDM system for 2 signal streams with 64QAM modulation at a BER of
10-3.However,it is also shown that the performance of the overloaded MIMO system is worse if the code rate of
the repetition code is 1/2.
キーワード (和) MIMO / アンテナ選択 / 過負荷MIMO / / / / /  
(英) MIMO / Antenna Selection / Overloaded-MIMO / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 110, RCS2016-63, pp. 99-104, 2016年6月.
資料番号 RCS2016-63 
発行日 2016-06-15 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-63

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-06-22 - 2016-06-24 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Univ. of the Ryukyus 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反復符号を用いた過負荷MIMOシステムにおけるアンテナ選択の有無による特性比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Comparison of Overloaded MIMO System with and without Antenna Selection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) アンテナ選択 / Antenna Selection  
キーワード(3)(和/英) 過負荷MIMO / Overloaded-MIMO  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 任 泰範 / Yasunori Nin / ニン ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 輝 / Hikari Matsuoka / マツオカ ヒカリ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-23 10:40:00 
発表時間 10 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-63 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会