お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-22 16:10
利用サービス特性を考慮したマルチドメイン無線リソース制御の検討
岸田 朗小泉大輔森広芳文浅井孝浩NTTドコモRCS2016-52
抄録 (和) 5G無線アクセスネットワークでは,カバレッジとモビリティを確保可能な従来のマクロセルに超高速,大容量伝送を実現するキャパシティセルをオーバレイ配置したファントムセルコンセプトが検討されている.ファントムセルコンセプトでは,キャパシティセルとして準ミリ波 (Super High Frequency : SHF) からミリ波 (Extremely High Frequency : EHF) 帯の周波数を用いるスモールセルやスポットセル,無線LAN等の非セルラ系アクセスネットワーク等,様々なRAT (Radio Access Technology) を利用する多層セル構成が想定されている.このような多層セル構成においては,ユーザのQuality of Experiment (QoE) を向上するために,利用周波数帯域や通信プロトコル等,各RATの特性及びユーザ端末特性・利用サービスの要求条件等を考慮したセル選択を行うことが重要である.そこで本検討では,これらの要求条件と各RATの特性を考慮したセル選択接続制御方式を提案し,特性評価を行ったので報告する. 
(英) The phantom cell concept is considered towards the realization of 5G radio access network. In the phantom cell concept, macro cells which provide coverage and mobility are utilized as coverage cells. Moreover, capacity cells which realize high-capacity and high-speed transmission are superposed to the coverage cells. We had proposed a cell selection scheme based on the quantity of radio resource of each cell in the previous study. Though the quantity of radio resource is considered, other characteristics of cell layers and services that are utilized by users are not considered in the scheme. Therefore, we develop the scheme to realize more suitable cell selection according to utilized service of users by considering both cell layer characteristics and user equipment preferences. Moreover, the average flow time characteristics are evaluated by system level simulations and verify the effectiveness of the proposed scheme in this paper.
キーワード (和) 5G / ファントムセル / リソースマネジメント / リソース制御 / 負荷分散 / セル選択 / QoS / QoE  
(英) 5G / Phantom Cell / Resource Management / Load Balancing / Cell Selection / QoS / QoE /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 110, RCS2016-52, pp. 35-40, 2016年6月.
資料番号 RCS2016-52 
発行日 2016-06-15 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-52

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-06-22 - 2016-06-24 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Univ. of the Ryukyus 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 利用サービス特性を考慮したマルチドメイン無線リソース制御の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Multi-Domain Radio Resource Management based on Service Types and User Preferences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) ファントムセル / Phantom Cell  
キーワード(3)(和/英) リソースマネジメント / Resource Management  
キーワード(4)(和/英) リソース制御 / Load Balancing  
キーワード(5)(和/英) 負荷分散 / Cell Selection  
キーワード(6)(和/英) セル選択 / QoS  
キーワード(7)(和/英) QoS / QoE  
キーワード(8)(和/英) QoE /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 朗 / Akira Kishida / キシダ アキラ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 大輔 / Daisuke Koizumi / コイズミ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森広 芳文 / Yoshifumi Morihiro / モリヒロ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 孝浩 / Takahiro Asai / アサイ タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-22 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-52 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会