電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-22 15:20
IEEE802.11axのアップリンクマルチユーザに向けたSTA始動MACプロトコルの提案
宮本卓真杉山雄一上井竜己長尾勇平ラナンテ レオナルド Jr.尾知 博九工大RCS2016-50
抄録 (和) 次世代無線LAN規格であるIEEE802.11axでは、稠密環境における伝送効率の向上を目指している。11axでは問題解決のためにアップリンクマルチユーザ技術の議論が行われている。本論文では、11ax向けにStation(STA)始動の同時アップリンクマルチユーザプロトコルを提案した。Access Point(AP)始動ではSTAの送信要求の把握が困難であるが、STA始動では要求なしで通信が可能である。改善率向上のために、提案プロトコルではグループを作成し、同時にデータ送信を可能とする。提案プロトコルが送信遅延とスループットの点でAP始動よりも性能が向上することを評価する。 
(英) In this paper, we proposed a station (STA) initiated protocol for random uplink multi-user access in accordance with the upcoming 802.11ax wireless standard. In contrast to access point (AP) initiated protocols which is difficult to implement because it requires knowledge of transmission demand and timing, STA initiated protocols does not need any prior information as long as STAs use RTS frames. In order to further improve the efficiency, our protocol create a number of groups in advance which can transmit data simultaneously. As a result, in the case when the offered load per STA is low, the proposed method showed lower transmission delay and higher throughput compared to the AP initiated protocol.
キーワード (和) 無線通信 / 無線LAN / IEEE 802.11ax / MACプロトコル / / / /  
(英) Wireless Communication / Wireless LAN / IEEE 802.11ax / MAC protocol / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 110, RCS2016-50, pp. 25-29, 2016年6月.
資料番号 RCS2016-50 
発行日 2016-06-15 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-50

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-06-22 - 2016-06-24 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Univ. of the Ryukyus 
テーマ(和) 初めての研究会,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.11axのアップリンクマルチユーザに向けたSTA始動MACプロトコルの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A STA initiated MAC Protocol for IEEE 802.11 ax Uplink Multi-User Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線通信 / Wireless Communication  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.11ax / IEEE 802.11ax  
キーワード(4)(和/英) MACプロトコル / MAC protocol  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 卓真 / Takuma Miyamoto / ミヤモト タクマ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 雄一 / Yuichi Sugiyama / スギヤマ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上井 竜己 / Tatsumi Uwai / ウワイ タツミ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長尾 勇平 / Yuhei Nagao / ナガオ ユウヘイ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) ラナンテ レオナルド Jr. / Leonardo Lanante Jr. / ラナンテ レオナルド ジュニア
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾知 博 / Hiroshi Ochi / オチ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-22 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-50 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2016-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会