お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-20 13:50
耐ソフトエラーを指向したストカスティックコンピューティングのための有限状態機械の状態割当てについて
福田 基市原英行岩垣 剛井上智生広島市大DC2016-11
抄録 (和) 確率を用いた計算手法であるストカスティックコンピューティング(SC)は,低面積,低消費電力,高ソ フトエラー耐性等の利点から近年注目されている.本研究では,線形有限状態機械(線形 FSM)に基づく SC 回路の ソフトエラー耐性に着目する.線形 FSM に基づく SC 回路は状態を保持するための記憶保持部があり,この状態保持 部にソフトエラーが発生すると,演算誤差が許容できなくなる可能性がある.この影響をできるだけ小さくするため に線形 FSM の状態割当てがこの演算誤差の大きさに与える影響を定式化し,耐ソフトエラーを指向した状態割当て について実験的に考察する.この考察により,ソフトエラーの影響を低減する状態割当ては,(1) 状態遷移図上の状態 間の距離が大きくなるとその状態間のハミング距離も大きくなる傾向があること,(2) 出力関数を考慮した割当である ことを示す. 
(英) Stochastic computing (SC), which is an approximate computation with probabilities, has attracted at- tention owing to its small area, small power consumption and high soft error resilience. In this paper, we focus on the soft error resilience of SC circuits based on linear finite state machines (linear FSMs). We clarify that the memory element of the SC linear FMS-based circuit is vulnerable to soft errors, so that the calculation error of this circuit becomes large if the memory elements suffer from soft errors. Moreover, we formulate the effect of state assignment of this circuit on the significance of the calculation error, and discuss effective state assignment so as to reduce the error. Experimental analysis shows two important points for such state assignment: the relationship between the topological distance and the Hamming distance of two states, and the role of the output functions.
キーワード (和) 近似計算 / 演算誤差 / マルコフ連鎖 / ハミング距離 / / / /  
(英) Approximate computing / calculation error / Markov chain / Hamming distance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 108, DC2016-11, pp. 7-12, 2016年6月.
資料番号 DC2016-11 
発行日 2016-06-13 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2016-11

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2016-06-20 - 2016-06-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 設計/テスト/検証および一般 
テーマ(英) Design, Test, Verification, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2016-06-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 耐ソフトエラーを指向したストカスティックコンピューティングのための有限状態機械の状態割当てについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On State Assignment of Finite State Machines for Soft Error Resilient Stochastic Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近似計算 / Approximate computing  
キーワード(2)(和/英) 演算誤差 / calculation error  
キーワード(3)(和/英) マルコフ連鎖 / Markov chain  
キーワード(4)(和/英) ハミング距離 / Hamming distance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 基 / Motoi Fukuda / フクダ モトイ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市原 英行 / Hideyuki Ichihara / イチハラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩垣 剛 / Tsuyoshi Iwagaki / イワガキ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 智生 / Tomoo Inoue / イノウエ トモオ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-20 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2016-11 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DC-2016-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会