お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-16 10:30
信号遷移回数を考慮したランダムテストパタン生成法について
松永裕介九大CAS2016-4 VLD2016-10 SIP2016-38 MSS2016-4
抄録 (和) 本稿ではランダムパタンを用いて遷移故障向けのテストパタン生成をする際に,
信号遷移回数を考慮する手法について提案する.
具体的には各々のパタンを印加した時の信号遷移回数に基づいた確率分布を持
つマルコフ連鎖モデルを構築し,
そのマルコフモデル上でランダムサンプリングを行うことで信号遷移回数を考
慮したランダムパタンの生成を行うものである.
ベンチマークを用いた実験の結果,提案手法で生成されたパタンは検出する故
障数では信号遷移回数に制限を設けない単純な手法の結果とほぼ同等の結果を
得られることがわかった.
ただしパタン数は多くなる傾向にある. 
(英) This paper presents a test pattern generation method with considering
signal transition activities using Markov chain Monte-Carlo method.
Experimental results show that the number of detected faults using the
proposed method is compatible to the existing method which does not
consider signal transition activities, however, the number patterns
is likely to increase.
キーワード (和) テストパタン生成 / 信号遷移回数 / マルコフ連鎖モンテカルロ法 / / / / /  
(英) test pattern generation / signal transition activity / Markov chain Monte-Carlo algorithm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 94, VLD2016-10, pp. 19-22, 2016年6月.
資料番号 VLD2016-10 
発行日 2016-06-09 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2016-4 VLD2016-10 SIP2016-38 MSS2016-4

研究会情報
研究会 VLD CAS MSS SIP  
開催期間 2016-06-16 - 2016-06-17 
開催地(和) 弘前市立観光館 
開催地(英) Hirosaki Shiritsu Kanko-kan 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2016-06-VLD-CAS-MSS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 信号遷移回数を考慮したランダムテストパタン生成法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On random test pattern generation algorithm considering signal transition activities 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テストパタン生成 / test pattern generation  
キーワード(2)(和/英) 信号遷移回数 / signal transition activity  
キーワード(3)(和/英) マルコフ連鎖モンテカルロ法 / Markov chain Monte-Carlo algorithm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 裕介 / Yusuke Matsunaga / マツナガ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-16 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-CAS2016-4,IEICE-VLD2016-10,IEICE-SIP2016-38,IEICE-MSS2016-4 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.93(CAS), no.94(VLD), no.95(SIP), no.96(MSS) 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2016-06-09,IEICE-VLD-2016-06-09,IEICE-SIP-2016-06-09,IEICE-MSS-2016-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会