お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-16 11:35
セキュアなIoTサービスを実現するためのセキュリティ要件の導出に関する考察
加島伸悟上野正巳麻生享路宮澤俊之NTTIN2016-20
抄録 (和) 近年,ホビー用機器から始まり,家電製品から果ては重要インフラまでIoT(Internet of Things)の活用が見込まれ,それが実現することで,より豊かな社会が実現されることが予想されている.一方で,IoTを活用した様々なサービスをセキュアに実現するための検討は十分に行われおらず,リスク分析や対策検討のプロセスについては,十分議論がなされていない.そこで本稿では,IoTサービスを実現する際に考慮すべきサイバーセキュリティに関するセキュリティ要件の導出手順について考察する. 
(英) In recent years, IoT (Internet of Things) is expected to be utilized in various domains such as an equipment for hobby, home electric appliances and critical infrastructure, and that is expected to create more affluent society. On the other hand, it has not been studied enough to realize various services using IoT securely, and a process of risk analysis and studying security countermeasure has not been discussed thoroughly. In this paper, we discuss a process of studying technical countermeasure to be taken into account in realizing IoT services.
キーワード (和) IoT / Internet of Things / IoTセキュリティ / リスク分析 / セキュリティ対策検討 / / /  
(英) IoT / Internet of Things / IoT security / risk analysis / studying security countermeasure / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 97, IN2016-20, pp. 13-18, 2016年6月.
資料番号 IN2016-20 
発行日 2016-06-09 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-20

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2016-06-16 - 2016-06-17 
開催地(和) 静岡大学(浜松) 
開催地(英) Shizuoka Univ. (Hamamatsu) 
テーマ(和) ホームネットワーク、グリーン・省電力ICT、スマートグリッド、省エネルギー、障害対策・BCP、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セキュアなIoTサービスを実現するためのセキュリティ要件の導出に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration about deriving the security requisites for secure IoT services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) Internet of Things / Internet of Things  
キーワード(3)(和/英) IoTセキュリティ / IoT security  
キーワード(4)(和/英) リスク分析 / risk analysis  
キーワード(5)(和/英) セキュリティ対策検討 / studying security countermeasure  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加島 伸悟 / Shingo Kashima / カシマ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 正巳 / Masami Ueno / ウエノ マサミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 麻生 享路 / Takamichi Aso / アソウ タカミチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮澤 俊之 / Toshiyuki Miyazawa / ミヤザワ トシユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-16 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-20 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.97 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会