電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-15 10:00
射水市における洪水用ハザードマップ活用支援システムの試作
小熊 博松浦草太富山高専ICTSSL2016-10
抄録 (和) 近年,東日本大震災,関東・東北豪雨,熊本地震など大規模災害が発生しており,我々の災害に対する危機意識は非常に高まっている.このような大災害を教訓とし,災害対策が急がれている.災害対策のシステムとして我々は災害危険度について把握することのできるハザードマップと高精度位置情報を組み合わせ,携帯端末から容易に危険度を知ることのできるハザードマップデータベース化システムを提案する.本稿では,富山県射水市における洪水用ハザードマップを対象に提案システム,データベース上に危険値のみを登録する画像処理手法ならびに位置精度について報告する. 
(英) Recently, large-scale disasters such as the Great East Japan Earthquake, Kanto and Tohoku Heavy Rain, and the Kumamoto Earthquake often occurred. The preparations to a disaster are expected based on the lessons of large-scale disasters. We propose the hazard map utilization support system for flood at Imizu city with positioning information, hazard information and database system. The new image processing algorithm is developed for the hazard map utilization support system. It is expected that the hazard map utilization support system is effective for reduction of the human and material damage.
キーワード (和) ハザードマップ / 洪水 / データベース / 位置情報 / / / /  
(英) Hazard-Map / Flood / Database / Positioning information / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 92, ICTSSL2016-10, pp. 51-55, 2016年6月.
資料番号 ICTSSL2016-10 
発行日 2016-06-07 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2016-10

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2016-06-14 - 2016-06-15 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2016-06-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 射水市における洪水用ハザードマップ活用支援システムの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of the Hazard-Map Utilization Support System for Flood at Imizu city 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハザードマップ / Hazard-Map  
キーワード(2)(和/英) 洪水 / Flood  
キーワード(3)(和/英) データベース / Database  
キーワード(4)(和/英) 位置情報 / Positioning information  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama college (略称: NIT, Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 草太 / Matsuura Sota / マツウラ ソウタ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama college (略称: NIT, Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-15 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2016-10 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.51-55 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICTSSL-2016-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会