電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-14 15:20
Twitterを用いた災害時安否確認システムの構築と通信インフラ不能時利用への展開
尾形秋生眞中絢美櫻井邦彦堤 雅菜須崎綾巴阿部りえ内田 理石井啓之宇津圭祐東海大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ソーシャルネットワーキングサービス(SNS: Social Networking Service)の災害時利用に注目が集まっている.例えば,2011年3月の東日本大震災や2015年9月の関東・東北豪雨,2016年の熊本地震などの大規模災害時には,安否確認にもSNSやTwitterが活用された.本稿では,Twitterを用いた安否確認システム「T-@npi」の提案と実装を行う.また,災害に起因する通信インフラ不能時での利用に向け,マイコンボードRaspberry Piを用いたアクセスポイント装置によって構成したマルチホップ無線LAN上へのシステム展開についても報告する. 
(英) The utilization of Social Networking Service (SNS) on the disaster situations has been gathering attention. For example, at the time of "the Great East Japan Earthquake" in March 2011, "the Kanto and Tohoku torrential rain" in September 2015, and “the Kumamoto Earthquake” in April 2016, SNS and/or Twitter were utilized for the safety confirmation. In this paper, we propose and implement the Twitter-based safety confirmation system, the name of which is "T-@npi". In addition, we report about the deployment of the system towards on a multi-hop wireless LAN which is constructed by access point devices using micro-computer Raspberry Pi boards in order that the system will be available when communication infrastructure is disrupted due to the disaster.
キーワード (和) 災害 / 安否確認 / ツイッター / / / / /  
(英) Disaster / Safety confirmation / Twitter / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 92, ICTSSL2016-6, pp. 29-34, 2016年6月.
資料番号 ICTSSL2016-6 
発行日 2016-06-07 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2016-06-14 - 2016-06-15 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2016-06-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Twitterを用いた災害時安否確認システムの構築と通信インフラ不能時利用への展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of a Twitter-Based Safety Confirmation System at the Time of Disaster and its Development to be Available when Communication Infrastructure is Disrupted 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害 / Disaster  
キーワード(2)(和/英) 安否確認 / Safety confirmation  
キーワード(3)(和/英) ツイッター / Twitter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾形 秋生 / Akio Ogata / オガタ アキオ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞中 絢美 / Ayami Manaka / マナカ アヤミ
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 邦彦 / Kunihiko Sakurai / サクライ クニヒコ
第3著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堤 雅菜 / Mana Tsutsumi / ツツミ マナ
第4著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 須崎 綾巴 / Ayaha Suzaki / スザキ アヤハ
第5著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 りえ / Abe Rie / アベ リエ
第6著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 理 / Osamu Uchida / ウチダ オサム
第7著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 啓之 / Hiroshi Ishii / イシイ ヒロシ
第8著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇津 圭祐 / Keisuke Utsu / ウツ ケイスケ
第9著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-06-14 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2016-6 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2016-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会